事前審査が通っても、本審査がダメになることはある? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事前審査が通っても、本審査がダメになることはある?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
住宅ローンの基礎知識 教えて!住宅ローンの落とし穴
可能性としては低いですが、ダメになる事もあります。

考えられる内容としては、まず、
「団体信用生命保険」が通らなかった場合です。

この「団体信用生命保険」とは、簡単に言うと、
万が一債務者が亡くなったり、高度障害になった際に、
この保険が下りて、残債がなくなるというものです。

基本的には、都市銀行で住宅ローンを組む場合には、
この保険に加入できることが条件となります。

保険に申し込むためには、健康状態に関する告知が必要となります。
ですので、過去に病気をされていたり、現在治療中となると、
内容にもよりますが、通らない可能性があります。

あとは、正式審査までの間に、オートローン等、
他の借入をしてしまった場合です。

事前審査をした時と条件が変わってきますので、
一から再審査をすることになります。

事前審査がギリギリで通っている場合には、
他の借入が原因で通らなくなってしまうケースもあります。

他には、転職をされた場合も、
審査内容に変更がありますので、再審査となります。

銀行に言わなければわからないのでは?
と考える方もいらっしゃるかと思いますが、
正式申込をした際には、
銀行から在籍確認で勤務先に電話がいきますので、
必ずわかります。

ちなみに、まだ転職をされていなくても、
退職することを会社に伝えてしまっていた場合は、
在籍確認の際に、「在籍はしているが、退職予定です」
と言われる可能性もあります。
そうすると、ローンは通らなくなってしまいますのでご注意下さい。

申込みをしてから、融資が実行されるまでは、
現状を何も変えずにいるのが一番です。