事前審査が通らない理由にはどんなものがあるのか? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事前審査が通らない理由にはどんなものがあるのか?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
住宅ローンの基礎知識 教えて!住宅ローンの落とし穴
年収に対して、借入金額が基準に収まっているのを前提とすると、
審査が通らない理由として考えられるのは、
担保評価や個人信用情報に問題がある場合です。

担保評価とは、建ぺい率・容積率が違反していないか、
面積は小さすぎないかなどです。
土地が40平米以下だと厳しくなります。

個人信用情報は、その他借入や過去の返済履歴などが該当し、
これらの情報は、個人信用情報機関に登録されています。
住宅ローンだけであれば基準に収まっても、
申込の際、銀行に申告していない他の借入があった場合は、
それも含めて計算されますので、基準よりもオーバーしてしまう事もあります。
また、過去の借入で延滞などされていると、
それが情報として出てきますので、ローンは難しくなります。

もう一つ意外と知られていないのは、クレジットカードの保有状況に関してです。
例えば、カードを5枚保有していたとします。
全てにキャッシングの機能がついており、
その内の1枚だけ、いくらかキャッシングをしていたとします。
その場合、キャッシングをしている金額が
その他借入として計算されるかと言うと、そうではありません。
1つでもキャッシングを利用してしまっていると、
利用していない4枚のキャッシングの枠も見られてしまいますので、
注意が必要です。