IT投資の選択と集中 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

IT投資の選択と集中

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日はIT投資についてのお話です。

IDC Japanは、国内企業のCIO(情報担当役員)を対象に実施したIT投資動向の調査結果を発表しました。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Research/20091110/340303/

IT投資動向のポイント
・2009年度のIT投資予算は前年度比で「増加する」が16.1%となり、改善の兆候がみられる
・最も多かったのは「減少する」で、5月調査と同率の43.3%である
・2010年度のIT投資については、依然慎重な姿勢がうかがえる

世界的不況の影響が、まだIT投資に大きな影響を及ぼしています。

「不況の底を打った」といった調査結果や発言が増えていますが、多くの企業経営者にはまだその実感が少ないのが実情なのでしょう。

このようなIT投資に厳しい時代だからこそ、戦略的かつ計画的なIT投資を進めていきたいものです。
経営戦略と一体となった中長期的なIT投資計画を策定することで、長期的な企業収益に貢献できるIT投資を行うことが可能となるのです。

多くのユーザー企業がIT投資に消極的な時代だからこそ、ある意味IT投資による大きな差別化を生み出すチャンスは大きい。
そういったユーザー企業のニーズを的確に捉える事が出来るITベンダーにとって、成長のチャンスは大きい。

IT投資の選択と集中が問われる時代と言えます。

第6回中小企業ITコスト削減相談会のお知らせ

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)