2.看板設置の5原則「シ・カ・タ・ア・リ」 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

林原 安徳
有限会社 ソルブ 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2.看板設置の5原則「シ・カ・タ・ア・リ」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
これが繁盛「看板」だ!【期間限定】
・看板に気付かない
・気づいても何が書いてあるか分からない
・何の店か分からない
などということがあっては、看板の意味がありません。

そんなことにならないよう、
歩いていると否応なく目に飛び込んできて、
瞬時に何を売っている店か分かる看板にするために、
大事な「看板設置の5原則」というものがあります。


それは、
「 シ ・ カ ・ タ ・ ア ・ リ 」
という合言葉です。

まず、その中の「シ」についてお話しましょう。


「シ」とは、「障害物をなくす」ということです。

看板が見えないのは、多くの場合、
障害物に隠れているからです。

取り除ける障害物なら取り除き、
取り除けないなら、
障害物のない場所に取り付け直すことが大事です。


例えば、お店が駅のロータリーに面している場合を考えてみましょう、

駅前には、よくバス停がありますよね。
そこにバスが頻繁に停車して、その陰に隠れてしまい、
看板が見えなくなってしまうことがあります。
こうなってしまうようなら、バスは明らかに障害物です。

また、商店街のアーケードや街路樹、電線や電柱、
他のお店の看板やのぼり旗などにも要注意です。


そのような障害物に、看板が隠れてしまうことのないよう、
道を歩いている人たちに見えやすい位置に、
看板を設置することを心がけましょう。

一見大丈夫そうに見えても、
さっきの例のようにバスが障害物になったり、
あるいは、街路樹が障害物になったりして、
気づきにくいことがあるので、気をつけてください。


PR


林原の最新刊 【これが「繁盛立地」だ!
小規模店舗の立地の定石集 好評発売中! 定価1,785円(税込)

PR


【無料メルマガセミナー】知って得する、出店開業のための「商圏分析」入門
高精度な商圏分析が、出店の成功を決める時代です!