草食系男子=自分を口説いてこない男子、という事実 - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

草食系男子=自分を口説いてこない男子、という事実

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
恋愛セラピストのあづまです。こんにちは。

「なかなか、いい出会いがない」
いつの時代も、よい出会いは悩みの種です。その嘆きの中に「女性に対して積極性を見せない男性」つまり「草食系男子」が増えたというものがあります。

どうやら実際に草食系男子は増えているようですが、基準はあいまいで、大抵の場合「私を口説いてこない男性=草食系かも」ぐらいの感じで捉えていると思います。本当に草食系が増えたのか、私の前でだけ草食系なのか、これは判別が難しいところです。

コラムの記事、草食系男子を攻略したい貴女へにも書いたのですが、自分が、おとなしい男性を無意識に選んでいたり、二人でいるときに自分ばかりしゃべるので、聞き役が得意な人しか周りに集まってこなかったりと、自分の言動のパターンや深層心理と、引き合う男性のタイプは関係があります。

草食系男子が増えやすい社会的環境は確かにあるのですが、意外と気づきにくいのは、自分が「自立した強い役」を演じてしまっていると、相手は無意識に、おとなしくついてくる役みたいな、草食系の役を演じるという、人間関係の相互作用によって、周りに草食系男子が増えるという現象。

相手を立てて、活躍してもらい、成果を受け取って喜び、感謝するという、女性性の基本に立ち返ってみると、今まで草食系にみえていた男性も、男らしく変貌していくかもしれませんよ。

女性があまりに強くて、自立していると、男性は「助けてあげたい」という気持ちが萎えてしまいますので、助けてもらうポイントを作っておくことが大事なのです。
 |  コラム一覧 |