手紙の文章に句読点をつけない理由など - 民事事件 - 専門家プロファイル

菊地総合法律事務所 代表弁護士
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

手紙の文章に句読点をつけない理由など

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件
手紙を書くときには、「。」や「、」など句読点をつけません。何故でしょう。
 答えは簡単で、昔は句読点などなかったから、です。
 調べてみると、句読点をつけることを、明治政府が決めたようです。
裁判所の文書は、昔はB4袋とじの縦書きでしたが、現在はビジネスシーンに合わせてA4横書きとなっています。句読点はあります。
 問題は、読点が「、」ではなく「,」(カンマ)となっていることです。これも、調べてみると、政府が決めているようです。裁判所から出されている雛形でも、そうなっています。裁判所の判決書は、全て、そうなっています。句点は、「。」です。
 私は、どうしてもこの「,」になじめずに、弁護士として裁判所に提出する文書でも「、」で通しています。
 裁判所から、注意を受けたことはありません。
 裁判官の中にも、本当は「、」で書きたいんだけどなあ、と思っている人はいそうです。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
菊地総合法律事務所 代表弁護士

依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

全国各地の相続、不動産、同族会社の案件を中心に幅広く、新都心さいたま市を拠点として、永年にわたり多数手懸け解決しています。企業法務や病院・医院、寺社の法務にも精通しております。遺留分減殺請求、株式買取請求、為替デリバティブに実績があります。

このコラムに類似したコラム

大塚弁護士が酒を飲む理由 大塚 嘉一 - 弁護士(2015/09/15 14:43)

「私の視点」、私の失点。 大塚 嘉一 - 弁護士(2013/12/16 11:08)

ビックリ・ハウス 大塚 嘉一 - 弁護士(2013/08/21 10:25)

ビジネス法務 2012年 11月号 [雑誌] 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/03 12:07)

TPPと弁護士 大塚 嘉一 - 弁護士(2012/11/23 15:00)