流行のコンセプト訴求 - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

流行のコンセプト訴求

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
販促・プロモーション
「消費者にこだわり」を伝えるというコンセプト訴求が広告制作において流行っています。商品であったり、サービスのこだわりを伝えるのは今も昔も変わっていませんが、なぜか「コンセプト訴求」が流行っている昨今。

しかし、なんでもコンセプト訴求(こだわり)を伝えれば良いかというそれは、否 です。



想像してみてください・・・


街を歩いている方にいきなり、あなたの「こだわり」を熱く語っても、逃げられますよね。ちょっとおかしい人がいると。


「コンセプト訴求」を伝えるポイントは・・・


その商品やサービスに興味を持った見込み客に展開する訴求です。
または、商品を購入、サービスを使用した方向けに、「やっぱり使って・買って良かったでしょ」と認識させる訴求です。

どのような心理状況かを想定して、訴求をしていくことが大切です。

流行っているから使うではなく、「なぜその訴求が良いのか」を検証した上で、使用すべきでしょう。




広告の作り方メールマガジン
メールマガジン登録

エーエムジェー株式会社

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「販促・プロモーション」のコラム

顧客寿命の永続化(2010/03/15 11:03)

永続的な企業とは(2010/02/07 00:02)