そのコピーはイケてる?コピーライター入門 #2 - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

浜田 智美
浜田 智美
(Webプロデューサー)
石川 雅章
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

そのコピーはイケてる?コピーライター入門 #2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
デザインと企画、その気持ちイイ関係。 企画・デザイン、その発想法
大型で強い勢力の台風18号が日本上陸しました。
台風は事前の準備と、正確な情報そして、いざと言うときの避難の準備で被害を防ぐことが出来ます。
十便に気をつけましょう。

こんにちは、
エスオープランニング、山藤(サンドウ)です。

キャッチコピーの目的は、人目を引くことが第一です、



アイキャッチという言葉を良く使いますが、まさしく人目を引くことの意味です。

人はギャップを感じた時に、その対象物を深く記憶に刻むとはよく言います。

人目を引くためにどうすべきか?


さまざまな戦術を用いて作り上げていく必要があります。

三つのコピーライト分類



まずコピーには、3種類あります、コピーの役割により分類されます。

(1)キャッチコピー(キャッチフレーズ)


読者の注意を引くための言葉。
「惹句(じゃっく)」とか、「うたい文句」という人もいます。
さまざまな表現が使われ、それだけの辞典なども本屋さんで売られるほどです。

(2)リードコピー


キャッチコピーで引きつけた読み手の興味をさらに増幅させ、
読み手をその先のボディーコピーまで導かせることです。

(3)ボディーコピー


広告本文のことです。キャッチコピーで注意を引きつけられ、
リードコピーで興味をかき立てられた読み手の心に商品(モノ)やサービス(コト)に対する欲求の火をつけ、
購買や申し込み、問い合わせといった行動へ誘導します。


このほかに、ボディーコピーが長い場合は、「見出し」が入り、写真が添えられれば、
それを説明する文章「キャプション」なども入ります。


普段、新聞や雑誌、インターネットで文章を読む機会はとても多いです。

「オールアバウト」でも、実は上の三つ+αで原稿は構成されています。



だいたい広告はこの構成に従って作られますので、
「キャッチコピー」→「リードコピー」→「見出し」→「ボディーコピー」→「キャプション」と。
続く構成は多くの人に受け入れられやすいパターンです。

では、どうしたらユーザーの心をつかむキャッチコピーを作れるのでしょうか。
その重要なポイントの一つが「ターゲット」の設定です。

次回は、このターゲットの設定について書いてゆきます。
つづく。

参考出典 : 中村祐介 :コミュニケーション戦略メモ」

広告デザインと映像のエスオープランニング