足利の裁判所と足利学校 - 民事事件 - 専門家プロファイル

菊地総合法律事務所 代表弁護士
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

足利の裁判所と足利学校

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件
足利の裁判所に行って参りました。鉄筋コンクリートの建物は、宇都宮地方・家庭裁判所足利支部及び足利簡易裁判所です。管轄区域は栃木県足利市及び佐野市となります。
最寄り駅はJR両毛線の足利駅です。歩いて5分くらい。渡良瀬川を挟んで東武伊勢崎線の足利市駅があります。こちらはタクシーを利用してやはり5分くらいでしょうか。浦和から行くには、時刻表を見て、どちらを利用するか決めることになります。
足利と言えば、足利学校。日本最古の学校として、子供の時分に習いました。その創立はというと、文献に言及があるのは、長享元(1487)年だそうですが、一説には、奈良時代にまでに遡るとか。
弁護士になるためには、現在、法科大学院(ロースクール)を卒業し、司法試験に合格しなければなりません。足利学校を卒業する必要はありません、もちろん(ここ、笑うところです。)。
しかし、足利学校で漢学を学んだ人びとも、法科大学院で法律を学ぶ若人も、学問に対する情熱、個人的野望などなど動機は様々でしょうが、その熱意には違いがないのではないでしょうか。堀に囲まれ緑豊かな敷地内にある、復元された学校をみながら、そう思いました。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
菊地総合法律事務所 代表弁護士

依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

全国各地の相続、不動産、同族会社の案件を中心に幅広く、新都心さいたま市を拠点として、永年にわたり多数手懸け解決しています。企業法務や病院・医院、寺社の法務にも精通しております。遺留分減殺請求、株式買取請求、為替デリバティブに実績があります。