ピアノ教室のチラシを貼る場所 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

藤 拓弘
リーラムジカ 代表
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ピアノ教室のチラシを貼る場所

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
生徒募集法 生徒募集チラシ
秋は、春の生徒募集に次いで生徒さんが集まる時期ですね。


今回は、ピアノ教室での生徒募集での定番の「チラシ」の貼る場所について
考えてみたいと思います。


※私の活動に関してはピアノ教室コンサルタントのページからご覧下さい。



チラシを貼る場所を考えてみる


チラシはポスティングや新聞の折込みなどに使うのは常套手段と言えますが、
他にいろいろと効果的な掲載場所がないかと考えてみました。



チラシを貼る場所で、いくつか考えられるのは、


●公民館などの公共施設の掲示板



●スーパーなどの掲示板



●駅の掲示板(有料)



●教室内の掲示板



●教室の外壁や窓



●近所のおうちの壁



●近くの商店街の仲の良いお店



●託児所や学童センター





当然のことですが、自分の教室以外の公共の場所への掲載は、
許可を得た上で貼らせて戴くものです。


必要であればもちろんお金を払って貼らせていただくことになります。



いかにお金をかけずに生徒募集をするか


ピアノ教室の生徒募集で大切なのは、いかにお金をかけずに生徒さんを集めるか
いうことだと思います。


なるべくお金をかけないで、教室の宣伝をするのがピアノ教室運営の王道です。

チラシに関しても、アイデア次第ではお金をかけずにつかえるツールになります。


チラシの紙の大きさ、印刷の色を変更してみれば、1枚あたりのコストも抑えられますし、
ポスティングなどをすれば、折込料金の削減になります。


できるところからやってみること、そしてそれを楽しんでやることが、
ピアノ教室運営では大切なことかな、といつも思います。




※現在、ピアノ教室運営のエッセンスをメールマガジン「成功するピアノ教室」にて執筆中です。


現在、ピアノ教本・教材について、メールマガジン「1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン」にて執筆中です。
ぜひご覧下さい。