手順書は誰のために作成するのか? - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

西村 茂樹
西村経営事務所 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

手順書は誰のために作成するのか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
現場で普段見ることのない、手順書。審査の時だけ確認する手順書。
こんな手順書が数多くありませんか?

「誰のための手順書か?」


良くありがちな審査員のための手順書。現場の手順書のはずなのに、ISO事務局以外の人が全く知らない文書がある。


「その手順書が無いと困るのか」


参考書に書いてあるから当社でも必要と思った。(どうでもよい手順をわざわざ文書化していませんか)


これらのことがあてはまるのであれば、その手順書が本当に必要か再検討したほうが良いでしょう。



*実はISOコンサルの仕事をしていて、以外と多いのが、ISO認証取得後のシステムの簡素化のお仕事なんです!
皆さんも困っていたら、お気軽に西村経営事務所までご相談ください!