なぜ、薬事法・景品表示法の理解が必要なのか - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なぜ、薬事法・景品表示法の理解が必要なのか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
販促・プロモーション
化粧品・健康食品・医薬部外品・美容雑貨・雑貨・あらゆる商品にて、広告を制作する際、「薬事法」や「景品表示法」の理解が必要となってきます。


法律を無理解のまま、広告を出してしまえば行政指導の対象となりますし、商品を仕入れた、商品化をしたけれども、結果、広告として表現がなりたたないため、撤退をするという異業種からの参入者が多く見受けられます。


これだけ、広告表現に対する規制が厳しい現状がある以上、商品開発・商品選定の段階より「広告の最終形」を想定して、商品化をする必要が求められています。


ある上場企業の実話・・・
「○○という成分」を利用して、育毛剤を開発し始める。商品を最終的に「化粧品」として製造してしまったため、育毛剤という表現自体できず、すべての開発・商品をゼロからやり直した。


最近の「育毛シャンプー」という表現に影響され、薬用シャンプーを開発、医薬部外品申請をする段階にて、「育毛シャンプー」というカテゴリ自体がないことに気付く


以上のような実話がいろんなところで起きているのが事実です。

法律無理解のままでは、お金はもちろんのこと、無駄な時間を使うことになります。


広告の作り方メールマガジン
メールマガジン登録

エーエムジェー株式会社

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「販促・プロモーション」のコラム

顧客寿命の永続化(2010/03/15 11:03)

永続的な企業とは(2010/02/07 00:02)