相関の強さは、「相関係数」でわかる3 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

林原 安徳
有限会社 ソルブ 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相関の強さは、「相関係数」でわかる3

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
通行量を気にしすぎると失敗する
相関係数の扱いには特に注意しなければならない点がいくつかあります。

まず、データの数です。
これは多ければ多いほど良いのですが、最低でも30以上は必要です。
相関係数を出すという計算自体はデータが3個あればできるものです。
しかし、一般的には、相関係数はデータが少ないほど意味がないものだと思ってください。

ひとまず30。
これでも、相関係数が0.5以上あるのなら、「まずまず因果関係がありそうだ」と解釈しても良いでしょう。

もう一つ、相関係数に関して大事な点があります。
それは、「常識を働かせること」です。
どういうことかというと、「その因果関係は常識的にあり得ることなのか」を見抜くことです。

今までの話と矛盾するように聞こえるかもしれませんが、相関係数は実は、「因果関係があるかどうか」は示していないのです。
正確には「因果関係があるとしたら、その強さは○○です」と言っているに過ぎません。
因果関係があるかどうかは、それを分析する人の判断次第なのです。

たとえば、一方のデータとして「人の体重」、もう一方のデータとして「その人の身長」を用いたとしましょう。
十分サンプル数が多ければ、どんな場合も相関は0.9を超えるでしょう。
しかし、だからと言って、体重と身長の間に、因果関係は「ありません」。
つまり、「体重が増えると、身長が伸びる」という因果関係も、その逆の因果関係もありません。
体重も身長も、どちらかが原因で、どちらかが結果という関係ではないのです。
身長を伸ばしたいからといって、体重を増やせばよいことにもならなければ、その逆も成り立たないのは明白です。

PR


統計てきめん2プレミア】出店判断に必要不可欠な商圏データ(人口や世帯数など)を、簡単スピーディ、安価に集計できるソフトウェア。