教室理念を掲げることのメリット - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

藤 拓弘
リーラムジカ 代表
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

教室理念を掲げることのメリット

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
ピアノ教室運営について ピアノ教室を開校する時のポイント
前回は教室理念について書きましたが、今回はその教室理念を掲げることで得られるメリットについて書いてみたいと思います。


講師のモチベーション向上に役立つ


教室経営をされている先生には、外部から講師を雇っている方が多いですよね。そのような方にとっては「経営理念」を掲げることは、教室運営でのメリットが大きいです。

雇われている講師にとってみれば、

「私はこの教室で何を目指してレッスンしていけば良いのか」

ということを、常に考えているものです。


このことが明確でないと、普段のレッスンも場当たり的なものになってしまいますし、目標が無いわけですから、目指すものもない。つまりモチベーションが上がらない、という状況になります。


それに対して、経営者の理念がはっきりしていれば、レッスンする際、教室運営のお手伝いをする際にも、教室としての「意志の統一」ができるわけですから、一緒になって、より良い教室のために頑張ることができます。


また、生徒さんへの接し方、お母様への対応の仕方も、意思統一することによって、講師によってバラバラになったりせず、個人ではなく「スタッフの一員」あるいは「教室として」の行動となるわけですね。


「コンセプト」を打ち出すことで運営がスムーズに


教室理念を決めるということは、どういう教室にしていくか、ということの指針となるわけですから、教室運営の面でもスムーズに行くことが多いです。


例えば教室の内装、レッスン方針、チラシの内容、月謝の価格など、しっかりとしたコンセプトがあれば、自ずと決まってきます。


教室理念を決めることで経営に統一感がでます。



キャッチフレーズ化することで、口コミにもつながる


「教室理念」の大枠が決まったら、それを一言で表せるように「キャッチフレーズ化」することが大切です。

これにより、既存の生徒さんや、未だ見ぬ未来の生徒さんに、あなたの教室は、どんなことを目指しているのか、ということをアピールできるようになります。


そして、このキャッチフレーズをいろいろな媒体に載せましょう。例えば、

■ホームページのトップページ
■生徒募集のチラシ
■教室紹介カード
■毎月の「教室だより」
■教室の掲示板


といったところでしょうか。



大事なのは「教室理念」をアピールすることで、「この教室であれば、安心して通える(通わせられる)」という安心感を常に持ってもらえることです。


これにより、口コミによる生徒増加も自然と発生しますし、何より、運営するご自身の「教室経営」がスムーズにいきます。


教室運営のヒントをメールマガジン「成功するピアノ教室」にてお届けしています。
ご興味のある方は、どうぞご覧ください。


また、コンサルティングの詳細はこちらからご覧下さい。