ピアノ教室開校に大切な「教室理念」を掲げる - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

藤 拓弘
リーラムジカ 代表
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ピアノ教室開校に大切な「教室理念」を掲げる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
ピアノ教室運営について ピアノ教室を開校する時のポイント
これからピアノ教室を開校される方に、ぜひまず考えていただきたいことがあります。

それが、今回のテーマである「教室理念」です。


ピアノ教室も「教室理念」を!


これからピアノ教室を開校したい、とお考えの方ならば、これからの自分の「教室」にかける熱い思いがおありだと思います。


「自分の音楽を多くの人に伝えたい」
「ピアノの楽しさを、たくさんの子供達に伝えたい」


そんな思いが伝わっていくことで、生徒さんは増えていきます。


企業には「経営理念」が必ずあり、社会に対する貢献など、企業としての「社会の中の在り方」を端的に示したものです。ピアノ教室においても「教室理念」は教室運営の柱とすべきものです。



人は、熱い思いを持った人に集まる


人は「思い」を持った人間に集まるものです。

先生の「教室への思い」に共感する人たちが集まり、ファンが増えることで、愛される教室に成長していきます。


あなたの教室に対する思い、それがいわばあなたの教室の「教室理念」です。この「教室理念」は、教室を運営していくときの「礎」となり、また教室の存在意義を表すものです。


「この教室は、こういうことを目指している」

「社会的に、こういう位置にありたい」


こういうスタンスを示すことで、社会的信用も高まりますし、生徒満足度も高まります。また思いが伝わり、生徒さんや親御さんの記憶に残ると、これが口コミにつながっていきます。



「教室理念」で、教室の存在意義をアピール


ピアノ教室の形態で圧倒的に多いのが、自宅で経営する個人ピアノ教室です。


ご自宅を使っての経営の際、大事なのは「地域」に愛されているか、ということです。

そして「地域」に愛されるためには、


「このピアノ教室は、こういうことを目指している」


ということを、発信していく必要があります。


これにより、経営者であるあなたへの共感が深まり、地域密着型の、運営がしやすい教室へと変わって行きます。「教室理念」は、地域性に合ったものであると、その地域に受け入れられやすくなります。


社会的信用は「何を目指している教室か」をアピールすることから


大事なのは「教室理念」をアピールすることで、

「この教室であれば、安心して通える(通わせられる)」

という安心感を常に持ってもらえることです。


これにより、口コミによる生徒増加も自然と発生しますし、何より、運営するご自身の「教室経営」がスムーズにいきます。


教室運営のヒントを、週刊メールマガジン「成功するピアノ教室」〜生徒が集まるピアノ教室でお届けしています。

ご興味のある方は、ぜひご覧下さい。


また、コンサルティングの詳細はこちらからご覧下さい。