「耐震性+揺れ難い」の利点 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

安藤 美樹
有限会社安藤美樹建築事務所  取締役
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「耐震性+揺れ難い」の利点

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
日々の設計より
どの構造の建物でも、地震や台風に対して揺れにくいという設計を心がけています。


今まで引越しを経験した皆様で、「建物の揺れというには、建物で違うもんだなー」って感じた事はありますせんか?

気象庁が震度3と言っても、家ごとに、揺れの大きさは違います。


地震に強く設計するというのは、当然当たり前ですが、

更にプラスの事、出来るだけ地震の揺れを小さくする事はとても良い事です。


免震や制震を選択するということもありますが、通常の耐震設計のなかでも、揺れをできるだけ
小さくする事は可能です。


皆様に御提案したいのは、

「耐震性+揺れ難い」です。

これは、

   ・建物のメンテナンスに良い。外装材や内装材が揺れ難いということはそれだけ”持ち”が良いことにつながります。


   ・地震の揺れによる躯体のダメージが小さくなるため、建物の耐久性により良いです。

   ・地震時や耐風時の心のダメージが小さくなる。


という利点があります。

また、どの構造でも有効です。

コンクリートの家であれば、ひび割れを防ぐ事につながります、

鉄骨造の家であれば、外装材のダメージを少なくする事により、外装材同士の継ぎ目のシールのひび割れやタイル痛みなどを防ぐ事につながります、

木造の家でも、塗り壁や珪藻土壁の痛みやひび割れを防ぐ事につながります。

********************************



有)安藤建築事務所 一級建築士事務所 
安藤美樹 川原由也 
メール:nk5m-andu@asahi-net.or.jp 東京都豊島区南池袋2-35-10 tel03-3985-3638 
本気で家を建てる人のためのホームページhttp://www.mmjp.or.jp/honki   ただ今、訪問者125万人突破!!応援ありがとうございます。

********************************