偽装離婚を無効にできますか - 家事事件 - 専門家プロファイル

一途総合法律事務所 弁護士
東京都
弁護士
03-3470-3311
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)

閲覧数順 2017年07月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

偽装離婚を無効にできますか

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 家事事件
離婚問題Q&A

質問


私は10年前に事業を立ち上げ、順調に業績を伸ばしてきたのですが、折からの金融危機のあおりを受け会社を整理せざるを得なくなりました。その際に、多額の債務を負うことになったので、妻に迷惑が及ぶことを危惧して、妻とも相談の上、形の上だけでも離婚することしにました。その後、債権者の皆さんに納得してもらい債務の清算を済ませたので、再度婚姻届を出そうとしたところ、妻に拒まれました。
双方同意の上での偽装離婚だったので、離婚の無効を主張して妻との婚姻関係にあることを法的に確認できるでしょうか。

回答


離婚は有効ですので、残念ながら奥さんが翻意しない限り婚姻関係を復活させることはできません。

お互い同意の上で便宜上離婚した形にしたのに、婚姻関係を復活させることができないなどとは信じられないとお感じかもしれません。
この点、離婚が有効となるためには、離婚の当事者に離婚の意思があることが必要です。
そして、離婚は離婚届を提出することにより成立することから、この離婚の意思も離婚を届け出る時点で存在する必要があります。
大切なのはここでいう「離婚の意思」とは、何をいうのかという点です。
判例では、この「離婚の意思」は、「離婚の届出をする意思」とされていますので、離婚を届け出る際に、届出の意思さえあれば、偽装離婚であろうが「離婚の意思」があることになりますので、離婚は有効と考えます。

ただし、離婚届に署名するよう強要され暴力を振るわれるなどしたために、やむを得ず離婚届にサインしたような事案では、離婚は無効と判断される場合もあります。

ご質問のケースでは、離婚は有効といわざるを得ませんので、なぜ奥さんが復縁を拒んでいるのかその原因をよく考えて、解決していくほかないでしょう。

弁護士 水嶋一途

◆◆・・・・・・◆◆・・・・・◆◆
弁護士による離婚専門相談サイト
離婚弁護士 相談online(運営:一途総合法律事務所)
http://www.rikon-lawyer.com/

弁護士への法律相談なら一途総合法律事務所(東京都港区南青山)
〒107-0062
東京都港区南青山1-3-1
パークアクシス青山一丁目タワー1009
TEL:03-3470-3311 FAX:03-3470-3377
HP :http://www.ichizulaw.com/
◆◆・・・・・・◆◆・・・・・◆◆

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 弁護士)
一途総合法律事務所 弁護士

高品質のリーガルサービスで依頼者の利益を護り抜きます

依頼者のお話をじっくり伺い、問題点、解決方法、費用などを、わかりやすく丁寧に親身になって説明いたします。そして、高品質のリーガルサービスで最善の結果が得られるように、常に依頼者の立場に立って問題解決にあたります。ぜひお気軽にご相談下さい。

03-3470-3311
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「離婚問題Q&A」のコラム