薬事法 Q&A 化粧品編 「しわ」 - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
浜田 智美
(Webプロデューサー)
田辺 慎二
(グラフィックデザイナー)

閲覧数順 2017年08月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

薬事法 Q&A 化粧品編 「しわ」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ 薬事法・景品表示法に関する広告表現
化粧品、特にスキンケア(基礎化粧品)において、以下のような広告表現は可能でしょうか?

「しわの悩みを解消します」
「しわ取りクリームが素晴らしい効果を発揮します」
「悩みのしわをコラーゲンで撃退」
「コラーゲンが浸透して、お肌にハリを与えしわを伸ばします」

答えは、「否」



メークアップ効果を除き、「しわ(小じわ)を目立たなくする」等のしわを解消する効果やしわを予防する効果の表現はできません。合わせて、若返り・老化防止効果の広告表現も禁止されています。

=適切な表現は=


「このファンデーションは気になる小じわを隠し、目立たなくしてくれます」
「ファンデーション(下地・コンシーラー等)に含まれるパウダーが小じわを隠し、目立たなくさせます」
「潤いを与えることで、肌全体にハリと弾力が出てきます」


メールマガジン登録

エーエムジェー株式会社

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム