65歳までの''キャリアデザイン''で安心か? - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

日本キャリア・コーチング協会(JACCA) キャリアコーチ
東京都
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

65歳までの''キャリアデザイン''で安心か?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
では、65歳までのキャリアデザインで大丈夫なのでしょうか?


諸外国の年金支給開始年齢



アメリカ 67歳
イギリス 68歳
ドイツ 67歳

すでに諸外国でも
年金支給開始年齢の引上げが予定されています。

日本の少子高齢化が
有史以来未曽有のスピードで進展していることを考えると、
65歳の年金支給開始年齢は早晩引き上げられるものと考えられます。


67歳まで必要?



日本でも、2004年の年金制度改革で
国民年金、厚生年金などすべての年金支給開始年齢を
2025年度以降は67歳にする方針がすでに打出されており、
その方向で着々と進んでゆくものと予想されます。


70歳まで必要?



おそらくですが、現在30代・20代の方々にとっては、
70歳まで働き続けるためのキャリアデザインを
描いておく必要があるのかもわかりません。


自己責任の時代に



年金制度改革は、
現実に運用中の現年金制度とのバランスを考えた制度改革が求められるため、
相当に難しい課題となってしまうのでしょうが、
政府には根本的な年金制度の見直し着手を期待するしかありません。

働く個人ができることとしては、
70歳まで働き続けることを想定した準備なのかもわかりません。


年齢ではない!



もっとも、
キャリア戦略を持ってキャリアを積んで来られた方々が、
自分のなりたいようにキャリアを積んでゆかれる様子を
身近で沢山拝見してますと、
そもそも年齢(いつまで?)は関係ないのかもわかりません。



JACCAキャリアデザインプログラムのご案内
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / キャリアカウンセラー)
日本キャリア・コーチング協会(JACCA) キャリアコーチ

"個人支援専門" プロセスを大切にし、自信と結果につなげます

キャリアの課題や悩みは 必ず乗り越えられます。"自分で自分のキャリアをマネジメントする力" が身につくよう マンツーマンで丁寧にサポート。キャリアデザイン、面接、転職、昇進昇格、キャリアチェンジ、パワハラ、職場トラブル克服・・・お任せください。