共同著作物と二次的著作物 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

フランテック法律事務所 
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

共同著作物と二次的著作物

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
IT・ソフトウエアビジネスの法務
 著作権情報センターの雑誌「コピライト」に昨年2008年12月の講演「著作権ビジネスにおける共同著作物および二次的著作物」の講演録が掲載されました。

 著作権情報センター 「コピライト」2009年3月号
[[ http://www.cric.or.jp/book/copi.html]]

 システムの開発やコンテンツの制作において、複数の企業や個人が関係する場合が多く、その場合の著作権の権利関係がどのようになるかを検討したものです。

 まだ、あまり研究が進んでいない分野ですので、実務的にどのように考えておくことが、システムやコンテンツの業界にとってよいのかを検討しています。

 なお、この講演で話をした内容を考える契機となっているは「キャンディ・キャンディ事件」の最高裁判決です。

 共同著作物や二次的著作物(翻案著作物)に関して、興味のある方は御覧いただければと思います。

フランテック法律事務所[[http://www.frantech.jp]]
金井高志

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
フランテック法律事務所 

フランチャイズとIT業界に特化。最先端ノウハウで支援します

フランチャイズ本部と加盟店に対して、法的アドバイスでのお手伝いをしてきています。また、インターネット関連のベンチャー企業の事業展開のお手伝いもしています。特に、株式公開を目指すベンチャー企業のために、お手伝いができればと思っています。

カテゴリ 「IT・ソフトウエアビジネスの法務」のコラム

ロジカルシンキング(2009/02/16 00:02)