ダイレクトメールの作り方12 - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

水内 終一也
合資会社アクタリスト 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

村田 翔
村田 翔
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
別所 諒
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ダイレクトメールの作り方12

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
ダイレクトメール ダイレクトメールの作り方

ダイレクトメールの作り方12 開封率を向上させる工夫4



ダイレクトメールを受け取った人が開封する手間を軽減させるという方法も工夫の1つです。



例えば、ミシン目を封筒に入れて、手で開けられるようにします。



普通に長3封筒か何かで来たダイレクトメールを開封する作業を考えてみてください。

ハサミかペーパーナイフをまず探します。

そして封筒を開封します。



それって、手間ですよね。



「あれれ? たしか、このあたりにハサミを置いてあったけど、どこだ?」なんて探している間に、開封する気持ちが変わってしまっているかもしれません。

ハガキの場合は、FaxDMと同じで、受け取ったらすぐに見てもらえるので実質開封率は100%のようなものです。



ハガキと封筒の間に位置するのが圧着ハガキです。

圧着ハガキも非常に開封率が高いものです。

なんたって、めくるだけですから。



封書でのダイレクトメールの場合、透明封筒を使うことで開封率が倍になります。

透明封筒もハサミやペーパーナイフが不用で手で開けられるからです。



ただし、私信が透明封筒でくることはありえませんから、マーケティングのテクニックを使って、開封率を高めるように工夫する必要があります。


それは次回のコラムでお伝えする工夫です。


■マーケティング・コンサルタント 水内終一也
 「ことば」の力が売上を上げる! 想像力喚起と感情訴求が重要!

■「名簿のクリーニング」
 ダイレクトメールの未着を送付前に電話番号から調査して判明させます!

■ダイレクトメール代行
 代行ご依頼の場合は、上記「名簿のクリーニング」が無料になります!




■その他、関連ページ
小冊子の書き方小冊子の作成小冊子の制作
名簿のクリーニング」電話番号クリーニング
ダイレクトメールの未着ダイレクトメールの不着ダイレクトメール代行
Faxの書き方FaxDM代行Fax一斉送信代行
「FaxDMの書き方」ブログ