広告を観る瞬間の消費者の心理状況を探る - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

浜田 智美
浜田 智美
(Webプロデューサー)
赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
石川 雅章
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2017年02月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

広告を観る瞬間の消費者の心理状況を探る

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ

広告を制作をする上で、消費者が広告を観る瞬間の心理状況まで想定して、内容を構成していますか?



数年前に流行った「エモーショナルマーケティング」の影響から、単なる「アテンションだけのコピー」が流行りましたが、消費者はより成熟しています。消費者の心理状況を仮定しながら、考える必要があります。

交通広告であれば、ふとした瞬間に目がとまる。
ネット広告であれば、ある程度の検索意識をもって接触する。
マス広告であれば、なんの意識もせずに目の前を通り過ぎる。
折込チラシや新聞広告であれば、朝か帰宅後に目にする。朝・晩ではまったく違う思考傾向ですよね。

自分自身であったら、親の世代であったら、20代・30代・40代・50代〜と仮定しながら広告のコピーから構成まで考えていきましょう。


【セミナー告知】


「テレビ・ラジオ通販から学ぶ広告表現(見せ方)ロジック」


実例を多数挙げながら、実務に落とし込める内容となっています。

販促セミナー「PRMO fes」 お申込みはこちら!
http://blog.is-assoc.co.jp/pf/aksk_2.html


【メインキーワード】
”「右脳」に働きかけて、「左脳」で表現を支える”
●商品購入決定は「右脳」
●通販商材の特徴として「左脳」的にスペックを押さえる


【テレビ・ラジオ通販の大きな特徴】
・即時性を求められる
・電波媒体は、広告自体が手元に残らない
(広告媒体を見直すことができない)

顧客接触から、購入意識決定までの時間が非常に短い。

そのため、購入意志決定までの最短距離を作り必要があります。この購入意識決定までのロジックを理解することで、どのような媒体でも通用することができるようになります。
「最短距離」=骨組み を理解すれば、媒体特性ごとに枝葉を付ければ良いのです。


販促セミナー「PRMO fes」 お申込みはこちら!
http://blog.is-assoc.co.jp/pf/aksk_2.html

メールマガジン登録

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム

デザイナーのエゴ(2010/02/19 11:02)

店頭商品ほど感覚的に(2009/09/30 11:09)