生放送の通販番組は最も難度が高い - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

浜田 智美
浜田 智美
(Webプロデューサー)
石川 雅章
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生放送の通販番組は最も難度が高い

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ
テレビやラジオの生番組における通販は、非常に難度が高いのが事実です。難度が高い分、その骨組みを理解することで、どのような媒体へも活用できるノウハウが存在する。

大抵の顧客は、「○○しながら」の状態から「その場にて購入決定」に至らしめる必要がありますから、商品決定までの障壁が高いのです。


【生番組の場合、即時性が特徴であり、デメリットでもある】


●即時性を求められる(その場で買わせる=店頭広告にも活用できる)


●電波媒体は、広告自体が手元に残らない(見直すことができない)



顧客接触から、購入意識決定までの時間が非常に短い。
オンエア開始からクロージングまでが長くて30分

テレビ インフォマーシャル:2〜3分から30分程度
テレビ CS 24時間生放送:15〜30分
ラジオ:30秒〜4分

そのため、購入意志決定までの最短距離を作り必要がある。

「最短距離」=広告表現(見せ方)の最も大切な骨組み


⇒広告表現(見せ方)として、必須項目のみのシンプルな構造を理解する

あとは媒体ごとの特性に合わせて、枝葉を付けることでどのような媒体でも通用することができる。


詳しくは、以下のセミナーで
販促セミナー「PRMO fes」 お申込みはこちら

メールマガジン登録

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム

デザイナーのエゴ(2010/02/19 11:02)

店頭商品ほど感覚的に(2009/09/30 11:09)