破綻しない住宅ローンプランは事前準備次-前編 - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

大石 泉
イッツアFPオフィス 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

破綻しない住宅ローンプランは事前準備次-前編

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
破綻しない!?住宅ローン計画
こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの大石泉です。

金利変動のリスクを避けるには、長期固定の住宅ローンが良いことは、理解できます。ではなぜ、固定金利にしようか変動金利にしようか、と迷うのでしょうか。

そう、両者の金利の差ですね。固定期間が長ければ長いほど、金利は高めに設定される傾向にあります。変動金利や短期固定金利で優遇を受けると1%台。一方の長期固定は3%台、となればその差は歴然。迷うのは当然です。

金利の動きを完全に読みきることはおそらく不可能。私たちにできることは、家計が破綻しない返済可能額を把握し、その範囲内で住宅ローンを組むことです。変動金利タイプで想定する場合も、返済可能額を超えない範囲で金利上昇分を見込んでおくことが大切です。

さて、後編へ続きます。具体例は後編をご覧下さい。