破綻しない住宅ローンプランは事前準備次第-後編 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

大石 泉
イッツアFPオフィス 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

破綻しない住宅ローンプランは事前準備次第-後編

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
破綻しない!?住宅ローン計画
こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの大石泉です。

さて、破綻しない住宅ローン計画について、引き続き考えます。

家計から試算した結果、暮らしが行き詰らない返済可能額が10万円だったとします。返済期間35年、金利3%で借入可能額は約2600万円。同じ借入額で金利が5%に上昇すると毎月返済額は131,218円に跳ね上がります。

毎月、10万円しか返済できないのですから、当初から返済可能額ギリギリの返済プランを組んでしまうと、危険です。金利が変動するタイプの住宅ローンではリスクが高すぎます。

変動タイプの住宅ローンを利用すると家計破綻の可能性大。金利上昇だけではなく、支出が増える、収入が減る、などの変化にも対応ができません。

例えば、借入額を2000万円に減額すると、金利が5%に上昇しても毎月返済額は、100,937円。返済可能額と同水準になります。借入額2000万円で、金利が3%だとすると、毎月返済額は76,970円です。

返済可能額10万円との差額を金利上昇の際のゆとり分だと考えれば、金利上昇2%分の余裕があることとなり、変動タイプの選択肢も視野に入ってきますね。

金利上昇傾向にある今だからこそ、自身の家計と毎月返済可能額を把握し、ゆとりある返済プランを組むことが必要です。