身近なユニバーサルデザイン - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

田辺 慎二
株式会社サン・スタジオ 専務取締役
グラフィックデザイナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

浜田 智美
浜田 智美
(Webプロデューサー)
石川 雅章
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

身近なユニバーサルデザイン

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
ユニバーサルデザイン
現在の日本は高齢化社会。
将来的には、人口比4割以上が高齢者になる見込みです。
そこで、注目されているのがユニバーサルデザイン。

ユニバーサルデザインとは
●どんな人でも公平に使えること(Equitable use)
●使う上で自由度が高いこと(Flexibility in use)
●使い方が簡単で、すぐに分かること(Simple and intuitive)
●必要な情報がすぐに分かること(Perceptible information)
●うっかりミスが危険につながらないこと(Tolerance for error)
●弱い力でも使えること(Low physical effort)
●十分な大きさ空間を確保すること(Size and space for approach and use)
(The Center for Universal Design, NC State University より)

バリアフリー(障害を取り除く)ではなく、
一歩進めた考え方で『すべての人々のためになる』デザインです。
すでに身の回りには公共施設などを中心にユニバーサルデザインが浸透しています。

最近では、日常の製品・商品にもユニバーサルデザインを取り入れたものがいろいろあります。
以前より「使いやすくなったモノ。分かり易くなったモノ。」があるはずです。
そのちょっとした工夫がまさにユニバーサルデザインなのです。
そして、そのちょっとした工夫が製品・商品の評価や売り上げにかなり影響しているようです。

身の回りのちょっとしたユニバーサルデザインを探してみませんか。
いろいろな発見があり、もっと工夫できる事が見つかるかも。