ゼロエネルギー住宅、自宅の実質Q値の測定 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

のせ一級建築士事務所 代表
東京都
一級建築士 インテリアコーディネーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゼロエネルギー住宅、自宅の実質Q値の測定

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●高断熱・高気密/オール電化・省エネの住まい造り
先週、2月2日から6日まで
東京電力、 
東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 坂本雄三研究室、
ハウスプラス住宅保証、のご協力により
我が自宅の実質Q値の測定を行いましたので少し長くなりますが、
ご報告申し上げます。

日ごろは、図面上で計算にて算出しておりますQ値、熱損失係数です。
省エネ性能を測るものです。数値が小さいほど性能がよいことになります。
どれくらい、熱が外壁や屋根などから逃げてしまうか、計算とおりか、
実際はどうかを今回測定致しました。

測定期間は入室禁止になってしまいます。
会社が休みの間は、軽井沢に避難。
水曜と木曜の晩は、都内のホテル住まいを致しました。
それもまあ、楽しみましたが・・。自腹です。
測定中は、少しの発熱でも影響がでてしまうため、家中のすべてのコンセントを抜きました。
冷蔵庫の中身もすべて出して電源をおとしました。
そんなこんなで、お客様のお住まいではなかなか測定できないのが現状です。
以前からお願いしておりましたが、
東京電力の宮下課長、荻原さんのご厚意により今回実現できました。
我が家も計算上では、1.59W/m2Kと数値はでておりますが
さて実際はどうでしょうか?少々ドキドキです。

建物の仕様は下記のとおりです。

木造軸組み FP工法 オール電化 平成16年3月竣工
2階建ロフト付  延床面積37坪  
トリプルガラス木製サッシ使用(エリートフェンスター)
アルゴンガス入り、LOW−Eガラス *一部樹脂サッシペアガラス
太陽光発電5.2KW設置 
蓄熱暖房機4KW設置

 Q値=1.59W/m2K(計算値)
 μ値=0.048 (計算値)
 C値=0.3cm2/m2(建築中実測)

 電気代の実質支払いゼロです。
 光熱費データは、ホームページ施工例を参照下さい。
http://www.assetfor.co.jp/jirei/jirei_04.htm

●測定の様子、結果など弊社ブログをご覧いただきますと詳しく載せております。
 どうぞご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/assetfor/d/20090209

 <女性建築士・インテリアコーディネーターと創る体に優しくエコロジーな家づくり>
練馬区と板橋区で高断熱高気密FP工法、省エネルギー、オール電化、
太陽光発電と自然素材を使ったエコロジーな住まいを建築する
地域密着工務店です。
株式会社 アセットフォー
http://www.assetfor.co.jp

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 一級建築士 インテリアコーディネーター)
のせ一級建築士事務所 代表

女性のためのサポート・セカンドオピニオン専門建築士事務所

住まい建築、購入、リフォームを考えていらっしゃる女性のための建築士事務所です。一生に何度も経験する訳ではないので、解りにくい建築や不動産の事。 どんなことでもざっくばらんにご相談ください。 当事務所を転ばぬ先の杖としていただければ幸いです。

カテゴリ 「●高断熱・高気密/オール電化・省エネの住まい造り」のコラム