グループとしてのコミュニケーションのあり方 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
長谷川 進
(経営コンサルタント)
伊藤 健之
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年03月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

グループとしてのコミュニケーションのあり方

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
人材育成
中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日はコミュニケーションについてのお話です。

私は研修やセミナーの講師をする機会も多いのですが、カリキュラムの中にグループワークの時間を設けるように心掛けています。

講師の話ばかりを聞いていたら、受講者の方が飽きてしまうだろうという配慮もあるのですが、それ以上にアウトプットを作成することの重要性を感じているからです。

グループワークを行うと、グループ毎の個性が如実に表れます。
グループリーダーの個性、メンバーの個性など様々です。
性別の違い、年齢の違い、経験の違い、参画度合いの違いなど様々な要因が絡み合います。
そういったことから、ディスカッションの盛り上がり度合いの違い、進捗度合いの違い、アウトプットの品質の違いなどが生まれてきます。

そういった数多くのグループワークを見て感じることは、コミュニケーションの重要性です。
自分の考えを相手に分かるように伝える。相手の考えを理解しようと努める。疑問点を確認する。相手の表情から相手の感情を読み取る。
このような当り前だと思われることでも、実際行ってみるとなかなか難しいものです。

個人個人の力を結集してグループとしての力を最大限発揮できるようになる。
経営環境が厳しい時代だからこそ、このような当り前のことが重要になってきます。
そのための前提となるコミュニケーションのあり方について見直してみるいい機会です。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「人材育成」のコラム

楽をしない心掛け(2017/03/13 10:03)

ITABoK日本語版提供開始(2017/02/22 09:02)

新たな求人形態(2017/02/17 10:02)

スルー力(2017/02/08 11:02)

自然な言動(2017/02/01 09:02)