手入れについて - 犬のしつけ・訓練 - 専門家プロファイル

Dog Signal 
しつけインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
中西 典子
(しつけインストラクター)
水土 はなん
(しつけインストラクター)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

手入れについて

- good

しつけのTIPS
質問です。
あなたの愛犬は・・・
・散歩から帰ってきて、足を拭く(or洗う)とき嫌がりませんか?
・目やにを素直に取らせてくれますか?
・ブラッシングを嫌がらないですか?

上記のような日常の手入れを愛犬が素直にやらせてくれるかどうかは、しつけの上でとっても大事です。

本来、「足を拭く」「目やにを取る」「ブラッシングをする」といったことは、犬にとって嫌なことではないはずなんです。

しかし、愛犬がこうのような手入れを嫌がるという場合は、犬が反抗的なのではなく手入れの仕方が悪いのです。

例えば、足を拭くときに無理やり足を持ち上げたり、目やにを取るために強くマズルを掴んでしまったり、ブラッシングのときスリッカーなどで力強く毛をとかしてしまったりするのです。

このようなやり方では、嫌いになるのも当然です。
そしてこれを続けていくと、嫌がることから唸ったり噛んだりする行動が出てくることがあります。

上記の手入れが一つでも上手くできない場合は、今から練習をしてください。
一番簡単な練習方法は、おやつを使うことです。
おやつ(もしくはガム)を与えながら、足を拭く、目やにを取る、ブラッシングをする、というようにしてください。
「お手入れ=おやつがもらえる」と覚えれば、喜んで手入れをさせてくれます。

手入れもしつけの大事なポイントです♪

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(しつけインストラクター)
Dog Signal 

問題行動の解決は飼主の意識改革から。しつけのコツを伝授します

愛犬の問題行動は飼主さんの接し方にあると言われていますが、実際にどのような接し方が正しいのかは分かりにくいと思います。飼主さんが愛犬と日々楽しい生活を送れるように、適切なしつけ方・接し方をアドバイスしています。

カテゴリ 「しつけのTIPS」のコラム

Let's社会化!(2007/05/11 21:05)

アイコンタクト(2007/02/05 00:02)