生き方の二極化 - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今、世の中は二極化が進んでいると言われます。

地球の過渡期と言っても良いのでしょう。

幸か不幸か、そんな時代に私達は生まれているのですねぇ!

(^^;

 

この二極化というのは、この世の真理と真実に「気付いているか、いないか」。

つまり、「魂の成熟度」から来ているのではないかと私は思います。

 

( ・・) ~ ☆彡 or ★彡

 

 

 

ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~ より

 

【アシュタールのメッセージ】

 

 

こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

 

 

二極化が大きくなってきています。良い悪いではありません。

ただ流れの方向がはっきりと分かれはじめているということだけです。

これまでの流れに沿って行こうとしている人たちと、違う流れに乗って行こうとしている人達が、

分かれはじめているだけのことです。

 

 

どちらを選べば良いとか、素晴らしい・・という問題ではありません。

どちらを選ぶかは、その方の自由です。

 

 

遊園地で絶叫マシーンに乗る人と、遊園地に咲いている花を見ながら

散歩を楽しむ人の違いくらいのものです。

絶叫マシーンが好きな人が悪くて、散歩を楽しむ人が良い・・

ということはありませんね。

ただの嗜好の問題・・それだけです。

 

 

絶叫マシーンが好きな人は、まだ遊園地にいることになりますが、

散歩をしたい人は、別に遊園地にいる必要はないんじゃないかな・・と思いはじめているのです。

わかりますか?

 

 

いままでは遊園地に居るのが当たり前だと思っていました。

絶叫マシーンにはもう乗りたくないから、ちょっと散歩しようかな・・って思っていたら

遊園地の外にもきれいなお花が咲いているのが見えた。

 

 

遊園地にしかお花は咲いていないと思っていたのに、外にもきれいな花が咲いてる。

それも、もっとたくさんの種類が咲いてる・・

そっちに行ってゆっくりその花たちをみたいな・・って思って

遊園地から出はじめた人が増えて来ているということです。

 

 

いままで教えられてきた・・これが幸せな人生ですというモデルケースではなく、

自分にとっての幸せを考えはじめた人たちが増えて来ているのです。

それが新しい流れになっているのです。

どちらが良い、悪いではありません。

どちらが好き・・と言うだけのことです。

 

 

まだ、遊園地で遊びたいと思っている人と、

遊園地の外にもきれいなお花が咲いてることがわかって、

それを見たいと思って遊園地から出る人の違いです。

絶叫マシーンで遊びたい人は遊んでください。

散歩しながらお花を見たい人は、そうしてください。

それが波動領域の住み分けです。

 

 

遊園地の中で遊ぶと決めた人と、外に出ると決めた人は、

もう遊び方が変わってしまっているので一緒に遊ぶことは出来ません。

そして、外に出た人と中で遊んでいる人は、交流することもなくなってきます。

遊び方が違いますので、交流する必要がないのです。

 

 

もう少し遊園地で遊ぼうよ・・と誘われても、

絶叫マシーンに飽きた人たちはもう乗らないですね。

絶叫マシーンに興味がありませんので、無関心になります。

 

 

そうなれば、どんなに誘っても仕方がないということになります。

どんなに煽っても、脅しても、もう乗りたくないと言われれば、

そこでおしまいです。何も出来ないのです。

 

 

これがいま起きている状況です。

流れの二極化なのです。

これからもっとこの流れの二極化が大きくなって行きます。

 

 

もう一度言いますが・・どちらの流れが良い流れで、

どちらの流れが悪い流れだということはありません。

 

 

だから、あなたの家族や友人があなたと違う流れに乗ると決めたとしても、何もいう必要はありません。

絶叫マシーンに乗りたい人に、散歩の方が良いんだよ、

だから散歩しようよ・・と言うのは大きなお世話だということです。

 

 

そして、反対にあなたのまわりの人たちは

絶叫マシーンに乗っているのに、乗らない私は協調性のないダメな人だ・・

罪悪感を感じる必要もまったくないということです。

 

 

好きにしてください・・あなたが決めて良いんです。

・・ということは、あなたの家族であっても友人であっても、

その人が好きに決めることなのです。

 

 

同じ遊びをしないからと怒らないでください、

寂しいと思わないでください。それぞれなのです。

あなたがどの遊びをしたいか・・それだけです。

 

 

あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

 

 

 

 

 

動物達の遊ぶ姿というのは、微笑ましいですね~♡

(^^✿

 

 

 

ジェットコースターのスリルを「生きている!」と実感される方も多いですね~。

でも、この地球遊園地(※地球は"生まれる前に全ての記憶を消される閉じられた監獄"という説も!)で散々遊び尽して、その幻想を見破ってしまった人は、自ずと遊び方が変わって来るのだと思います。

 

これは、背伸びをして「分かったつもり」で得られる変化ではないのですね。

つまり、私達は遊び尽さないと、その事を理解するのは不可能なのです。

( ・・) ~ ☆彡

 

それは子供が成長して来ると、赤ちゃんや幼児が楽しいと感じるおもちゃでは満足できなくなるという事に似ていると思います。

 

ですので、人は大人になって来ると、子供とは違った大人の遊び方と楽しみがあり、それは成熟度により「何が楽しく感じるか?」という感覚が違って来るのでありましょう。小学生の遊び方と、大学生の遊び方が違う様に。

(^^✿✿✿

 

興奮するゲームは、その時は楽しく感じるかもしれませんが、そこに感情のアップダウンに左右されない"魂の充足感"というものが在るか?というのは、又別のお話しになって参ります故…

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年