熱き思いが!行政を動かす! - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

濱田建設株式会社 代表取締役専務
福井県
工務店
0770-22-0283
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

熱き思いが!行政を動かす!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
200年住宅で行こう!
 本日も、朝からチョーフル回転!

AM7時すぎに出社しスタッフと一緒に事務所、

周辺道路を一緒に清掃です。

 私の担当は、トイレ!トイレを素手で一生懸命、掃除し、

同じく自分の心も磨きます。

 本日は、午後から、現在進めております、

超長期住宅先導的モデル事業つまり、200年住宅の件で行政に

足を運びました。

 200年住宅の基本性能に、住宅性能表示でいう維持管理対策等級3をクリアしなければ

ならないとありますので(http://www.hyouka.gr.jp/seido/shintiku/05-4.html)、

今回、維持管理等級3をクリアするため、給配水管に貫通スリーブを使用し、

給水、排水ともヘッダー方式を採用し、給排水管の維持管理を容易にする事を計画しております。

 実は、弊社では、以前より標準仕様で、給排水の貫通スリーブ・給水ヘッダーを

使用しておりますが、排水ヘッダーを使用するのは今回が初めてなのです。

 それは、実は福井県の敦賀市は、排水ヘッダーの使用がまだ行政に認められていないという

理由からなのですが、前述のように、今回、国土交通省に認可された提案内容に、

排水ヘッダー方式を採用する事をうたっているため、今回、排水ヘッダーを使用をしなければ

200万円の補助金がおりない!ということなってしまう!ということで、

東京からわざわざ、(株)エプコ http://www.epco.co.jp/ の高橋取締役、

メーカーの前澤化成工業(株)http://www.maezawa-k.co.jp/meant2.htm の 

田崎福井営業所所長に同行して頂き、市に陳情に行って参りました!

 市の下水道課に熱い思いを持ち込み、弊社の200年住宅に寄せる熱い思いを

語り、メーカーさんからの熱い支援もあり、徐々に山は動き出しました。

 なんとか今回初めて採用という快挙を成し遂げ、

今後これを契機に本格的に採用をと・・・門戸が開かれた瞬間でした!

 日本各地でもまだ使用を排水ヘッダーが許可されていない地域が

あると聞きます。

 役所仕事は、一言一言に責任が付いて回りますし、なかなか

一企業、一メーカーの要望だけでは、認可がおりないもの実状です。

 本日、わざわざ一企業の私たちのために、東京から足を運んでくださった、

給排水の維持管理を担うエプコさん、ヘッダーメーカーの前澤さんには、

大変感謝しております!

 メーカー、住まいの作り手、維持管理をサポートする企業、これからが

三位一体となって初めて可能となるのが、200年住宅です。

 本日は、200年住宅の本質を見た、そんな気がします。

 200年住宅は、設計者、施工者、クライアントとの信頼関係はもとより、

それらを生み出す、メーカー、200年住宅をサポートする企業、そして行政、

国が連携して初めて可能な住宅です。


 皆様も、そんな200年住宅を建てて欲しいと、住まいの作り手として

そう思っています。

 For The Customer 〜全ては顧客のために〜

 http://hac.meblog.biz/

 〜失敗しない・後悔しない・本当の家づくりのために〜

 つくり手の会 http://www.tukurite.jp/


 PS.写真は、陳情に行く前に 〜いざ!下水道課へ〜(笑)

  そして、熱い思いを行政にぶつけたその瞬間です!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(福井県 / 工務店)
濱田建設株式会社 代表取締役専務

スケルトン&インフィル設計で、長く快適に暮らせる自由な家を

福井県・滋賀県近郊で、スケルトン&インフィル設計での家づくりを手がける設計工務店です。時を経てライフスタイルが変化しても、各空間の用途を自在に変えられるのが大きな強み。自然エネルギーも最大限に活用し、低コストでエコな暮らしをサポートします。

0770-22-0283
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「200年住宅で行こう!」のコラム

アフリカからようこそ!(2010/02/11 22:02)

チョーフル回転!!!(2009/03/02 00:03)