アルミルーバーで囲んで光と風を感じる - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

松永 隆文
Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

山崎 壮一
山崎 壮一
(建築家)
奥山 裕生
(建築家)

閲覧数順 2017年06月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アルミルーバーで囲んで光と風を感じる

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
事例
周りからの視線を気にせず、リビングの一部として利用する、プライベートパティオ。

完全なる壁で囲むと視線はシャットアウト出来るが、光や風もシャットアウトしてしまう。

視線はシャットアウトし、光や風を通すことが出来るのが、アルミルーバーです。

写真は固定式ですが、可動式もあり、羽根の角度が調整できるものもあります。

ただ、難点もあります。横ルーバーの為、空気中の埃と雨で、ルーバーが汚れた場合、一本一本の掃除が非常に大変です。

黒はタブー。汚れの目立ちにくいシルバー辺りがベストです。