機構の災害復興融資をご利用下さい - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

Office JUN 代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
久保田 正広
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

機構の災害復興融資をご利用下さい

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
相談業務 店舗タイプ

 平成28年熊本地震により被災された皆さまに、心からお見舞い申し上げます。震源域は東方向に広がっており、今後も厳重な警戒が必要です。

 住宅金融支援機構では災害復興融資を取り扱っており、自然災害により被害が生じた住宅の所有者又は居住者で、ご自分が居住するための住宅を建設、購入又は補修する方が利用できます。なお災害復興融資の利用には、地方公共団体が発行した「り災証明書」が必要です。

 3月17日現在の金利は、全期間固定金利で建設の場合、基本融資限度額が1650万円で0.56%、特例加算限度額が510万円で1.46%です。また補修の場合は限度額が730万円で0.56%です。

 詳細は以下のリンクからご確認願います。

平成28年熊本地震


沼田 順(1級FP技能士、宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー)


※このコラムの無断転載・引用はご遠慮願います


ブログメディア「BLOGOS」、「マネーの達人」

そこに参加させて頂いている、私のブログも是非ご訪問下さいませ。

住宅ローン、不動産アドバイス

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / ファイナンシャルプランナー)
Office JUN 代表

住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

素敵なマイホームを手に入れて最後まで幸せに暮らして欲しい。これが住宅金融公庫勤務時代に年間500件以上の住宅ローン相談業務を担当してきた私自身の願いです。その経験を基に貴方のマイホームライフをトータルにサポート致します。

カテゴリ 「相談業務」のコラム

このコラムに類似したコラム

【トランプ大統領誕生で住宅ローン金利はどうなる?】 真崎 喜雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/12 11:39)

住宅ローンの金利はまだ下がりますか? 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2016/06/14 12:08)

フラット35に銀行の信用力は関係ありません 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2016/05/06 07:00)

11月27日開催 天神:エルガーラホール 「住まいる!住宅ローンセミナー」 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2015/11/24 16:48)

2015年11月の各金融機関の住宅ローン金利 南 博人 - マンション購入コンサルタント(2015/11/17 22:38)