離婚するときに妻が家を借りる場合のテクニック - 住宅賃貸全般 - 専門家プロファイル

不動産クリニック 株式会社常盤不動産 代表取締役 主席コンサルタント
東京都
宅地建物取引主任者
03-6410-3630
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅賃貸

立木 康夫
立木 康夫
(宅地建物取引主任者)
大槻 圭将
大槻 圭将
(不動産業 不動産コンサルタント)
寺岡 孝
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
大槻 圭将
(不動産業 不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

離婚するときに妻が家を借りる場合のテクニック

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅賃貸
  3. 住宅賃貸全般

“離婚”と“部屋探し”
離婚することになり、妻が家を出て賃貸住宅に入ろうとした場合、直面する問題があります。
それは『入居審査に通らない』ということです。

専業主婦やパート収入などで“安定的な収入が無い”場合には、気に入ったお部屋があっても
管理会社や大家さんから『あなたにはお貸しできません』と言われることがあるのです。

その場合の対策をいくつか・・・ 
①親御さんや御兄弟に契約者になってもらう
②親兄弟などの安定収入のある親族に契約者になってもらう(もちろん入居申し込み書の“居住者”欄には貴殿の名前を書く)
③(預貯金があれば)2年分の家賃を先払いしてしまう
④就職先が決まっていれば“就職内定通知書”や“予定年収証明”などを会社に作ってもらいそれを提出する
ポイントは、大家さんや管理会社から『家賃の取りはぐれはなさそうだな』と思わせることができれば、入居審査に通る可能性はグッと上がります。

不動産ドクター

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 宅地建物取引主任者)
不動産クリニック 株式会社常盤不動産 代表取締役 主席コンサルタント

不動産クリニック 不動産総合ドクター

不動産売買にはトラブルや落とし穴がつきもの・・・“重要事項説明”だけではそれらは回避できない。不動産購入売却は人生の一大イベント850件以上のケーススタディーに基づき、細心の注意力と最新の技術で“安全”“安心”“満足”を目指します。

03-6410-3630
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

【首都圏限定】賃貸物件のお部屋見学を住宅セカンドオピニオンが代行します! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2016/02/20 14:00)

【首都圏限定】希望賃貸物件の内見をセカンドオピニオンが代行します! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2016/02/06 10:00)

うめきたエリアが様変わりして梅田周辺で部屋探し増加! 佐名川 修 - 不動産業(2015/07/27 17:32)