カラーフロアーとフローリングの違い - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

松永 隆文
Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

カラーフロアーとフローリングの違い

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
wa+
カラーフロアー張り工事が始まりました。

カラーフロアーとは、合板に、木目の化粧プリント板を貼り、ダミーの目地が入っている、フローリング風の床材です。

賃貸とかの室内の仕様で、「フローリング貼り」と明記されていますが、ほとんどが、このカラーフロアーといわれる床材なのです。

張り上がりを見ると、見た目はフローリングと変わりません。

私どもが見ると一目瞭然ですが、一般の人が見ると、フローリングとカラーフロアーの違いは判らないと思います。

でも、一般の人でも見分ける方法があります。
縦のストライプ状の目じ地に対し、垂直にある、繋ぎ目の目地をよく見てもらうと、
ところどころ、4本程度つながっている所があるのが、カラーフロアーという証拠です。フローリングではありえない納まりだからです。
(高級なカラーフロアーは、このつながりを無くす工夫をしているものもあります。)

無垢のフローリングはいい。しかし無垢は、メンテナンスや、伸縮膨張等のトラブル。床暖房用が高価格などなど・・・・問題点もある。

カラーフロアーは傷つきにくく、メンテフリーのワックスフリー。床暖房用も低価格。家の手入れにマメでない人には、お勧めかもしれません。

写真のカラーフロアーは、チェリーの木目風のものです。