私が最近ハマっている事 「一日二食」(理想は一日一食。でもそれはまだ無理~~~ッ 笑) - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

私が最近ハマっている事 「一日二食」(理想は一日一食。でもそれはまだ無理~~~ッ 笑)

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

唐突ですが、私が最近ハマっているものがあります♫

それは「食事の回数を極力減らす」という "プチ断食" です。

(^^♪

痩せる必要の無い私が、何故その様なものにトライしているのかと申しますと、「今の自分の心と身体が気持ちが良いと感じる食生活をしたいから♫」という理由からです。

(*^^*) ~ ♡

 

それには私の年齢も大いに関係しています。

つまり年齢を重ねて来たという事は、長く生きた分内臓も一緒に年を取って来ている訳で「胃腸を少し休めて内臓を若返らせてあげる」という事を目的とした「一日二食」なのでございます。

ちなみにこれは、先日マクロビオティックの専門家の方に「マクロビオティックの弊害で腸が腫れている」との判断を頂いた事と、若い時とは違い、食べ過ぎると顔に顕著に不健康な雰囲気が出て来る様になった自分を最近見る様になったからです。(※顔にこの様なサインが出るという事は、自分ではそのつもりはなくても "食べ過ぎている" という事だからです)

これは "今" の自分の身体の感覚が心地好いと感じる為には、「若い時とは違う食習慣」というものが必要なのだなぁと自分で感じ始めた時期だという事でもございます。

☆_(_☆_)_☆

 

 

まず私は朝食を食べないと頭がボ~~~ッとして活力が出ない体質でしたので、今までは朝食をキチンと食べるという生活をして来たのですが、朝は排泄の時間帯であるという事もあり、「食生活改善」としてまずは朝食を摂らないという生活をしてみようと思い立ちました。

 

★ 午前4時〜正午 排泄の時間帯(体内の老廃物と食物カスの排泄にふさわしい時間)
★ 正午〜午後8時 摂取と消化の時間帯(食べることと消化することにふさわしい時間)
★ 午後8時〜午前4時 吸収と利用の時間帯(栄養が体に同化するのにふさわしい時間)

拡張プラウト主義  http://www.project-vega.org/ ※4章 食と農業 より

 

 

でも長年の習慣からか、朝はとてもお腹が空く私。

私は我慢する事が苦手なので、あまり空腹を苦痛に感じない為の秘策として、それを実行する前に添加物や糖質が一切加えられていない良質の「酵素ドリンク」の原液を購入しておきました♫

(^^)v

空腹が我慢できないと感じた時や、身体がエネルギー不足でヘロヘロしそうに感じた時にはそれを水で薄めて頂けば、プチ断食がとても実行し易く感じられるという事で購入したのですが、

説明書を見て知ったのですが、これは試合前に体力を落とさず体重を落としたい現役のプロボクサーの方達なども実行されておられる方法の様ですね~。

そして今回初めて「酵素」なるものを飲んでみて知りましたが、思った以上に甘みが強くて、私は説明書に書いてある割合いでは甘過ぎると感じますので水の量を増やして頂いております♫

(*^^*) ~ ♫

 

ちなみにこれを野菜や果汁などの100%ジュースでされる方もおられる様ですが、私の場合はジュースを常飲していると視力がかなり落ち、目眩が起きたりして(これはマクロビオティックで言われている症状に見事に当てはまります)体質に合わないというのを経験済みなので、今回は「酵素ドリンク」なるものでトライ中です♫

(※ジュースや果物など水分の多い陰性の食品を常食していると視力が落ち、又三半規管にも影響を与えるので目眩が起きるという事ですね。ちなみにジュースの常飲を止めたら私はどちらの症状も改善されました♫)

 

 

ちなみに今までの朝食を摂るパターンでは、一日二食にする場合は昼食か夕食のどちらを抜くか?という事になる訳で、私の場合は夕食を抜くスタイルは辛すぎて必ず反動が来る為、昼食を抜くというのに最近トライしてみてはいたのですが、

「朝は排泄の時間帯」という事であれば、自分の長年の習慣であった朝食を抜いて「昼食&夕食を頂くパターン」の方が夕食までの時間が短くて済むので、楽に感じるのかもしれないなぁ♫と思った訳ですね~。

(^^✿

 

何故なら朝早くに朝食を頂くと、夕食までの間の空腹になる時間が長過ぎて、夕食を早い時間帯に食べたくなってしまい、そうすると夜に又お腹が空いてしまい、結局一日三食頂く事になっていたりして(笑)なかなか上手く行かない事も多かったからなのです。(笑)

それで朝食抜きをしてみようと思い実行してみた所、昼食を頂いてから夕食までの時間がそれほど長くなくて良いので「朝の空腹を我慢する方法の方が、もしかしたら一日二食を楽に実行できるのかも!」と感じたのです♫

(^^♫

 

今は実験を始めたばかりなので、今までの様に「朝食&夕食」を頂くパターンと、新しい「昼食&夕食」を頂くパターンのどちらが自分に一日二食を持続し易いか、どちらが自分の身体が快適に感じて来るのかの結論は出ておりませんが、

今までの食生活を通して経験として感じる事は、「食事の回数を多く食べるほど、食欲は増す」という事ですね~。これは間違いがありません。

一日三食頂いていると空腹を我慢するのが苦痛に感じますが、二食にするとあまり感じなくなるという事で、あまり反動も来ない様なのです。つまり、

 

★ 食べれば食べるほど、もっと食べたくなる=心身を重くする。

★ 食べないほど、食べた時には満足感に満たされ小食で済む=心身共に軽く快適になる。

 

という事実です。

 

人体とは実に面白いものですね~。

これはやはり「飢えに強く作られている私達の身体」という事なのでありましょう。

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡

 

でもそうなるにはちょっとしたコツもあります。

それは、二回の内の食事一回を少し軽めに頂くという事です。

 

そして私の場合、昼食を軽めにして夕食は普通に(自分の満足する量を腹八分まで)食べるというスタイルにしてみたら、寝るまでの時間に空腹感に襲われずに済むので、殆ど我慢しないで一日二食が実行できるなぁという事です♫ (これは朝食を摂った場合とは違う体感でした)

(*^^*) ~ ✿

 

ちなみに私の身体が敏感にそう感じられるのは、

 

★ 発芽玄米を主食としている (白米は血糖値の上昇により空腹感を増す)

★ 血液を薄くし身体をダルく弛ませる精製された砂糖を摂らない (甘みは天然の物からのみ)

★ 腸を汚し関節を固くする小麦粉から作られた食品は、どうしても欲しくなる時以外は極力摂らない

★ 呼吸に影響を与え、身体を硬くさせる肉食をあまりしない

★ 肝臓を疲弊させる油を(良質の植物油であっても)極力使わないで(使っても香り付け程度で)調理する

★ 体のカルシウムを奪い骨をもろくする乳製品を摂らない

★ ホルモンに影響を与え、気分のアップダウンを激しくし、中毒症状を起こさせるコーヒー・ココア・チョコレートは飲まない・食べないを基本にしている (※元は好きなので、私の場合はどうしても欲しい場合は穀物コーヒーなどの代用品で頂きます)

 

というのを以前から極力実行しているせいかもしれません。(※これを普段できるだけ心掛ければ、普通に食べていても太れない体質になってしまうのではないかと私は思います♫)

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

  (※ポストカードより)

 

ちょっと季節外れのポストカードですが、(笑)

ケロケロけろっぴの、この天真爛漫におにぎりを食べる可愛い姿が私のお気に入りなので♫

(^^♪

 

 

 

実を言うと、本当は私の理想は「一日一食」なのですが…

食いしん坊の私には、それはまだ無理~~~ッなのであります!? (笑)

(^^;;

 

まず取り敢えずは、内臓を休ませる時間を増やす為に「一日二食を食習慣にしてみる!」という事からであります♫ (笑)

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年