他人の言葉にすぐカチンと来る人&他人のする事がやたら気になる方へのメッセージ - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

他人の言葉にすぐカチンと来る人&他人のする事がやたら気になる方へのメッセージ

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

今回は特に日頃「自分はすぐ腹が立ってしまう」という方達や、「人の事が気になってしょうがない」という性格の方達へのメッセージになっておりますが、

 

前回は「食べ物が性格を作る」というお話しになりましたので、「そういう方達は日頃何を召し上がっていて、そんなに神経質になっておられるのか?」という事も、私は合わせて気になる所です!? (笑)

(※そちらに関してご興味のある方は、昨日ご紹介した本などをお読み下さいませ♫)

(^^✿ 

 

 

【 アシュタールのメッセージ 】

 

こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

 

誰かの言葉にカチンと来たら、それはチャンスです。

カチンとくる・・それは、あなたの中にカチンと来るタネがあるからです。

そのタネが見つかれば、それを手放すことが出来ます。

 

 

人は自分の意見を言っているだけなのです。

それに反応するのは、自分のタネだということです。

 

 

たとえば、同じことを同じ言い方で言ったとしても、そこにタネがあるか、ないかで反応は違ってきます。

 

 

背の高い人に・・あなたは背が高いですね・・と言ったとします。

背が高いということにコンプレックスを持っていると、その言葉にカチンときます。

そんなことを面と向かって言うなんて、失礼ですね・・という反応になります。

 

 

でも、背の高いことに何もコンプレックスなどを持っていなければ その人はにっこり笑って、

そうなんですよ、成長し過ぎちゃって・・って答えることが出来ます。

背が高いことに何かコンプレックスというタネがあるかないか・・

それで反応は全く違ってくるということです。

 

 

だから、あなたが誰かに言われた一言にカチンと来たら、その時はコンプレックスや

過去のもういらなくなった出来事で出来てしまったタネを手放すことが出来るチャンスです。

タネを手放すことが出来たら、同じことを言われても何も感じなくなります。

あの人がイヤなことを言って私を怒らせる・・のではなく、

自分の中にタネがあるから怒るのです。

 

 

もしその人がわかったうえで意地悪を言ったとしても、あなたの中にタネがなければ

意地悪と感じることもないのです。

タネが少なくなれば、とても自由になれるのです。

カチンとくる言葉を言ってくれた方に感謝なのです。

手放すお手伝いをしてくれたのですから。

 

 

ではどうやって手放せばいいのでしょうか?

とても簡単です。

そこにタネがあることを認めてください。

それだけで大きく違います。

自分の怒りや悲しみを人のせいにすることがなくなるからです。

人のせいにしてしまうと、自分で何も出来なくなります。

でも、自分の問題だと思えば、自分でそれをどうにでも出来るようになるからです。

自分が主となれるからです。

 

 

タネが見つかったら必ず手放すことが出来ます。

原因がわかれば、解決法もわかるからです。

そして、それを隠すのではなく、表に出してください。

たとえば、私は背が高いことにコンプレックスがあるみたいです。

なので、ちょっとしばらく私の前で背が高いとか低いとかの話題はしないでください・・

と周りの人に伝えておくのです。

 

 

隠すから辛くなるのです。

表に出してしまえば、何も怖くなくなります。

自分にとってものすごくコンプレックスだと思っていたことも表に出して、

みんなに言ってしまえば、なんだ大したことじゃないんだ・・って思えることが出来るからです。

 

 

コンプレックスだけではなく怖れ、不安、心配、過去に感じた傷(トラウマ)などは、

隠そうとすればするほど、自分の中で大きく恐ろしいものになっていくのです。

だから、出来るだけ表に出すようにしてみてください。

気がついたら、どうしてこんなことにこだわっていたのか・・って

自分でも不思議だと思えるようになります。

 

 

そして反対に、もしあなたが誰かを怒らせてしまったと罪悪感を感じた時は、この話を思い出してください。

あなたが怒らせたのではなく、その人の中に怒るタネがあったから怒っただけのことです。

ですから、あなたが責任を感じる必要は無いのです。

 

 

人の感情は、その人のものです。

自分以外の人の感情にまで責任を負う必要は無いのです。

そして、責任を追うことなど出来ないのです。

今までは、外ばかり見ていました。

外の環境が自分に影響を与えている・・だから自分では何も出来ない・・と。

 

 

でもまったく反対です。

あなたが外の環境に影響を与えているのです。

だから、自分で環境はいくらでも変えることが出来るのです。

 

 

あなた自身が、あなたの現実の主役となれるのです。

あなたの物の見方、考え方で、あなたの見ている現実はいくらでも好きに変えることが出来るのです。

 

 

 

あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

 

 

 

 

 

太陽が歪んでいますね~~~。

誰かさんの心みたい!? (笑)

 

 

 

今回のメッセージは「人のする事が一々気になってしょうがない人」にも同じ事が言えると思います。

「気になる」部分は、他人ではなく「自分が消化できていないものを、勝手に人の行為の中に自分を当てはめている」という事から生まれておりますからね~。

(・。・;

 

ちなみに世の中には、人がハッピーに好きでしている事がやたら気になり、あれこれと自分のネガティブな私情を挟んで年中他者の批判や批評をされる方がおりますが、

そうされる事で、その方は一体何を得ようとされておられるのでしょうか?(笑)

(・・;)?

 

その様にして「自分の方が優れている」という事を、他人に認めて欲しいのでしょうか??

それとも自分が批評する相手には、どうあっても自分のイメージする様に "不幸でいて欲しい" のでしょうか???(笑)

(・_・;)???

 

この世の中ではその様な方達を大変多くお見受け致しますが、人様に対してその様な暗い行為を介入させずに、ご自分の思いや得意分野としてのオリジナルのテーマを人生で見つけられて表現をされた方が、よっぽどその方の魅力が伝わり良いのにな~と私は感じます。

 (※こういう行為をされる方は、あまり自分の人生に喜びや感謝を感じておられない方に多いですね)

( ・・) ~~~ ▲

 

それに「自分を持った人間」というのは、自分の優位性を誇示したくてその様な事をする=本気で相手の事を考えてくれている訳ではない "気まぐれで無責任で我儘な他者" に左右される事はなく、

自立した「自己の確立」というものを根底に持っているものなので、他者がどう捉えようとそれで自分が揺らぐという事は残念ながら!?(笑)無いのです。

 ( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡

 

 

  誰かの言葉にカチンと来たら(他人のする事が一々気になってしょうがないなら)、それはチャンスです。

  カチンとくる(気になってしょうがない)・・

  それは、あなたの中にカチンと来る(気になる)タネがあるからです。

  そのタネが見つかれば、それを手放すことが出来ます。 

 

そうですね~♫

正にその通りです、アシュタール!(笑)

(^^♪

 

 

ちなみに「自分の私情を絡めず、事実を認める」という事と、「自分がコンプレックスと感じている事を表に出してしまう」という行為は、「ストレスを他人のせいにしない自己責任」にも通じる行為になるので私達には必要です。

そして自分の自己責任の元「されたくない事」を他者にキチンと伝えるというのも又、大人としてとても大事な行為になると私は思います。

( ・・) ~ ☆彡

 

でも私は伝えた後は、相手の意思は相手に委ねてしまうので結果には拘りませんし、執拗に相手に絡むという様なエナジーバンパイアにはなりません。(笑)

何故なら「相手がそれにより何を感じるか?」というのは相手の責任による自由意思であり、私が責任を負うものではないですし、後はその方の "お人柄" という事になるので見る方が観れば分かりますし、自分には何も問題は無いからです。

(^^ゞ

 

私は「表面を善い人ぶった "ネガティブで重い波動を他者に放つ偽善者"」よりも、

いつも自分のハートに正直な事を表現し切きる事で、「自分の不機嫌を他者のせいにしない "軽い波動の大人"」でいる事を選んで生きております♫

☆_(_☆_)_☆

 

だってその方が、自分の中に隠し事や我慢・犠牲・義務があるから生まれるネガティブが無いので、自分の心がいつも軽くてハッピーですもの!(笑)

そしてその方が "お為ごかし" という偽善の行為より、よっぽど人様の為になる結果に自動的になるのです♫

(^^☀

 

どんなに才能に溢れていても、又伝える言葉や内容がいかに立派であろうとも、私達が人様に何かを伝える時に相手に与えられるものは「自分の中に持っているもの=自分の放つ波動(軽い波動 or 重い波動)」しか相手に与えられません。

 

ご自分の人生に喜びや日々の感謝を持てない人間が他者に何を伝えても、それはただ言葉だけが空回りする空虚で凄く悲しい重い波動のメッセージになってしまうのだと私は思います。

( ・・) ~~~

 

 

 

 

 

    

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年