本当に愛の在る人は相手の波動を上げてしまう力を持つので、何ものも怖れない - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

本当に愛の在る人は相手の波動を上げてしまう力を持つので、何ものも怖れない

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

世の中を見渡してみますと「いつも自分の保身しか考えない」という弱い人間が沢山おられます。

(^^;

そういう方達が何故弱いかと申しますと、そういう方達の発想というのは「自分の不幸を全て相手や外の出来事のせいにして考える」というもので、自分の周囲に起きる事や目にする事、そして体感される事は必然的に "自分を不快にするもの" の方が断然多いという世界をご覧になっておられるのですが、

その原因がご自分の中に在るとは微塵もお考えにならない様な方達だからです。

( ・・) ~~~

 

そういう方達は「何故自分はその様な種類の出来事や人間に良く遭遇してしまうのだろうか?」という疑問を自分の中に持つ事がないのですが、

自分の波動が高ければその様な方達とは会ったりする事はありませんし(波動が違えば、こちらが避けなくても相手が避けたりという事も起きますし)、

会っても自分の方が波動が高ければ低いものに影響を(与えるという事はできても)受けるという事は無く、

 

そしてもっと愛の在る方というのは、「どの様な波動の相手であってもどの場所であっても波動を上げてしまう」という能力を持つので、自分が相手から何か被害を受けるとか不快・不愉快にさせられたりする事は無いですし、何ものに対しても怖れないという人格に成って行くのです。

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡

 

相手によって自分が不快に感じてしまうのならば、それは

★ 自分が相手と同等の重い波動に呑まれてしまっている=自分の中に同じものがある。

★ 自分のネガティブを相手に投影して、相手を鏡にして自分の姿を見ている。

という、そのどちらかであるという事に過ぎないのですが、いかんせんその様な方達は「何でも他人のせいにする性格」なので、その様な発想がご自分の中に無いのです。

 

この様な方達は "ナルシスト的な自己愛" というエゴが大変強く、他者への慈愛や慈悲に欠けていらっしゃる方達だと私は思います。

( ・・) ~~~

 

 

だって考えても見て下さい。

どなた様であっても(目に見える存在、見えない存在に関わらず同じ魂やエネルギー体として)、皆一生懸命自分の命を精一杯生きている事は自分と何も変わりは無いのですよ!

そういうもの達が「何故そうなってしまったか?」という苦しみには目を向けず、自分の狭い視野からの勝手な主観でものを見て、勝手に他者の事を「ああだ、こうだ」との批判や批評をされたり、ご自分の弱さを棚に上げて忌み嫌う様な事をされるのですからね~。

 

その行為の何処に愛が在るのでしょうか?

(^^;

 

そういう方達の人生を深く知ろうとする思い遣りも無く、ご自分の浅い人生経験値からの狭い視野の中で、自分の私情を交えて勝手に人様の人生を憶測で判断されて、「自分が不快を感じる」と相手を貶め自分の保身に走る行為は、果たして美しいものでしょうか???

…と、私はこの様なものを目にする度に、自分自身も含めてこの様な事を考察致します♫

☆_(_☆_)_☆

  

エゴの強い方ほど、自分の妄想が創り出した歪んだ世界を「まとも」であるとご自分が信じておられるので、それは真っ直ぐにストレートにものを見ている人間には説得力を持つ事ができず、

そしてそれも又「自分を理解しない人間のせいにする」という発想でものを見るので、益々自分の見る世界が歪んで行くという悪循環ですね~。

(^^;;

 

もし何か自分が外に汚いものを見たら、それは見たものが汚いのではなく「自分の中が汚いからそう見えるし、故にその様なものと縁がある」と捉えるべきだというのが私の見解です。

何故なら自分の中に同じものが在るから認識できる訳ですからね、私達は。

《 ゚Д゚》!!

 

そうでなければ気付かないか、自然にスル―していて害は受けないものです。

私達はそれぞれの人生に於いて「自分が見る必要の無いものは見ないで良い」というのが因果であり、この世の公平なバランスであり必然でありますから、

自分の心が平安ならば「嫌なもの・怖れるもの・避けたいもの」などに遭遇するという事は非常に少ないか、その様なものに遭遇しても、慈悲の心で相手の波動を上げてしまうという行為になるはずです。

( ・・) ~ ★彡

 

「自分の人生で、自分が何を見させられるか?」というのは、正に各自の心・内面が現れているだけのお話しなのでございます♫

ですから同じ人やものを見たとしても、当然「各自の内面の違いによって、違うものが観えている」という事が当たり前なのが、私達の生きているユニークな世界になります。

(^^♪

 

それ故私達は自分の事は棚に上げて、良く勝手に人様の事を「変な人」と表現したり致しますが、そういう自分だって「変な人間の一人」なのですよ!(笑)

だってこの世には誰一人同じ個性がない訳ですから。

自分も含めて「変でない人間などこの世にはいない」というのが私の人間というものに対するものの観方ですね~。(笑)

(^^✿

 

ちなみにお釈迦様という方は

「人間というものは誰一人例外無く、多かれ少なかれ皆 "心を病んでいるもの" である。だからその病気を自分で治す為に人間として生まれ、色々な経験を通して自覚・治癒させられている」という見解を持たれた方でした。

そして他者への慈愛と慈悲の心から、彼はその人間の心の病気を「どうすれば克服・治癒できるか」という事を、目に見えるもの・見えない存在含めてその方法を説かれた優しいお方だったのですね。

 

反対に「自分以外に関心の無い自己愛とエゴの強い方」ほど、自分の事は棚に上げて「他人の変な所ばかりを探す」という事に勤しむという癖をお持ちでいらっしゃるので(※この行為もその方の内面が現れているという事に過ぎません)、皆様もどうぞご参考に♫ (笑)

(^^✿✿✿

 

この様に「他者を怖れ避けたがる」という行為が一体何から来ているのか?というと、実はそれはその方の「死」というものへの怖れからなのです。

他者に対して本物の慈愛や慈悲を持てる方というのは「死」を怖れない方達であり、つまりその様な方でなければ、その様に「何ものをも怖れない」という本物の愛(※これがこの世で最大の才能です)は、私達は天からは授からないのです。

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡 

 

他者の中に悪いものを見て「それを怖れる・避ける」という行為の裏に隠されているのは、その方がいかに「死」というものを怖れていらっしゃるのかの裏返しです。

死を怖れておられる方というのは、この世の真理に目覚めていないエゴのとても強い方達なのです。

(^^;

 

そしてこの「死を怖れている臆病者」である方達というのは、「自分の保身からしかものを見ない」という、所謂 "邪見" で世の中というものを見ておりますから、あまりにエゴが強過ぎる場合は最後は心の病にまでなってしまうのです。

《 ゚Д゚》!!

 

その中で特異な例として、自分の特殊能力に溺れて他者への愛と謙虚さを忘れてしまわれた霊能者の様な方達には、特に顕著に現れる事が多いのです。

最初は志しが高かった方達でも、自分を過信するが故に段々中心(真理)から外れて行き、霊や邪気など目には見えないけれど人間と同じエネルギー体としての存在を怖れて忌み嫌う様になり、

徐々に神経質に自分の保身にばかりに目が行く様になり、遂には「魔境」と呼ばれる領域に入り、そうして精神衰弱になり徐々に精神を蝕んで行かれる姿というのを、私は沢山霊能者を始めとする透視能力を持たれた方達の中に見て参りましたからからねぇ…。

(-_-;)

 

これは以前の「霊能者に付いて」等のコラムでもお伝えしたのではないかと思いますが、

その様な特殊な能力を授かった方達というのは、その様な能力を授かったバランスで「魔境に入ってしまうと戻って来られない=一生心の狂った世界に生きる」という運命も一緒に背負わされているという事でもあるのです。

 

ですのでその様な能力を持っているから「正しくものが見えているのか?」「人格も優れているかどうか?」というのは、又別であるという眼を私達は賢く持つべきなのです。

その様な特殊な能力の有無に関わらず、結局私達は「一人の人間」として、自分の人生でどの様な種を蒔いて行くのか?という事に目を向けた方が健全です♫

(^^✿

 

どの様な人間でも、人に与える影響力というのは「自分のカルマ」の根にもなっているという側面も持ちます。

ですので特殊な能力を授けられた方ほどそのバランスで、その分の負も自分に背負わなければならない運命を持っておられるという事でもありますから、人生では大変な "苦" も一緒に背負われた方達とも言えるでしょうね。

《 ゚Д゚》!! 

 

ちなみに皆様は、ご自分の人生でどの様なものに触れ,、そしてどの様な種を蒔いて行かれたいですか?

(^^✿✿✿

 

 

 

 

  (※ポストカードより)

 

美しい芽を出す元は一粒の種。

醜いものや汚いものを見ても、その中に「美」を見出す能力を持つ方達を私は職業に関わらず「愛の在る本物の芸術家」とお呼び致します。 

☆_(_☆_)_☆

 

私達は特殊な能力を持つよりも、人として慈愛や慈悲の持てる人間になる方が、人間として生まれて来た本当の意味と価値がある様に私は思います。

要はどの様な才能を授かっても、その「自分に授けられた才能を、どの様に生かすのか?」という事に尽きるのだと思います。

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年