年中イライラしてしまう方達へのメッセージ ③ (我慢しなければならないという自分への洗脳) - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年中イライラしてしまう方達へのメッセージ ③ (我慢しなければならないという自分への洗脳)

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

 

【 アシュタールのメッセージ 】

 

こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

 

 

すべては原因があるから結果があるのです。

思考があるから現実があるのです。

思考が先・・現実は後・・なのです。

ですから結果だけをどうにかしようとしても何も動かないのです。

一時的に動いたように見えても 原因が取り除かれていなければ、また同じこと(結果)があらわれるのです。

思考エネルギーの方向を変えなければ起きてくる現実は似たようなものばかりになります。

 

 

たとえば病気もそうですね・・

原因があるから病気という結果になるのです。

働きすぎて身体が悲鳴を上げて病気になるのです。

ストレスが溜まりすぎるから どこかに不調が起きて来るのです。

熱が出たからと言って 無理やり薬などで熱を下げても過労という原因を取り除かなければ

一時的に熱を下げたとしても また熱は出ます。

これはすべてに言えることなのです。

 

 

今あなたが何かに我慢しなければいけない現実を見ていたとしたら 

それはあなたがどこかで我慢をしたからです。

あなたが我慢をするのが当たり前だという思考を持っていれば

いつも我慢をしなければいけない現実をみることになります。

我慢をしなければいけない現実を創っているのは

あなたを我慢させている人ではなくあなた自身だということです。

 

 

イヤな思いをしているのは あなたの思考エネルギーがそちらに注がれているからです。

人があなたにそうさせているのではなく 

あなたの思考エネルギーの方向がそちらに向かっているからなのです。

だから あなたがもう我慢は止めると決めて思考エネルギーの方向を変えれば 

もう我慢する現実はあなたに現れてこないのです。

 

 

例えこの件に関しては我慢をすることは止めます・・と決めても 

あなたの中にまだ我慢をしなくてはこの社会では生きていけない・・と言う思考がある限り 

現象的には違ってもやはり我慢しなければいけない現実を創造してしまうのです。

 

 

対症療法では、根本から治すことは出来ないのです。

結果をつくった原因を取り除かなければまた同じ結果をもたらしてしまいます。

少しでも原因となるものが残っていたらまた繰り返すのです。

ですから取り除くときは一切合財すべてを取り除くことが必要です。

 

 

一度にする必要はありません。

でもすべてを取り除く・・と決めてください。

少しづつでもいいですが、完全に取り除くんだということを覚悟して決心してください。

 

 

中途半端に取り除いても原因が残っている限りまた繰り返します。

腫瘍が出来て それをたとえば外科的な手術で取り除いたとしても 

生活、思考を変えなければ また出来てしまうのと同じです。

根本的な原因・・思考を変えなければ完治はしないのです。

 

 

我慢をやめると決めたら 徹底的に我慢をやめて下さい。

ここはちょっとだけ我慢は必要だから・・などと思っているとまた戻ってしまいます。

分かっていただけますでしょうか?

 

 

あなたの現実は、あなたの思考が変わればすぐに変わります。

イヤなことは誰かがあなたに押し付けているのではなく あなたがそれを選んでいるのです。

なら簡単ですね(笑)

ちょっと考え方を変えればいいだけなのですから。

 

 

今楽しくない現実を創造しているのであれば原因を見つけてそれを取り除いてください。

楽しくない現実を創ってしまっている思考がどれなのか?・・

それが分かれば簡単に現実を変えることが出来ます。

 

 

高次元の世界、楽しい世界、愛と調和は、あなたの中にあるのですよ(笑)

 

 

 

あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

 

 

 

 

 

今回のアシュタールのメッセージも、良いお仕事してますね~~~♫(笑) 

(^^✿

 

ちなみに私は人生の或る時期を境に、自分が「他人に対して "お人好し"でいる」 という選択を一切止めようと決心した事がありました。

( ・・) ~ ☆彡

そしてそれ以来、勿論自分の自己責任の元「自分に取っての真実を、外に向かって自由に表現する事」を怖れなくなり、又他人が土足で自分のテリトリーに無神経にズカズカと入り込んで来られた場合、自分にされたくないと感じる事は堂々と公にオープンに伝える様になりました。

☆_(_☆_)_☆

 

つまり、私は他人にどう思われようと「誰からもコントロールされる事の無い "自分の意思を尊重する事を優先する自分" 」になったのです。

( ・・) ~ ☆彡

 

何故なら善人ぶって良い人を演じた所で、自分の中のモヤモヤが解決・解消される訳ではないからですね。

他者に取ってその様に「善い人」を演じる偽善者になれば、逆に他者に対して意地悪なものの見方をする様になるというカラクリを私は見破っておりますから、私はその様な生き方を選ばないのです。

( ・・) ~ NG!

 

人間が我慢をする時というのは「何か相手から得ようとするものがある時」しかありません。

でもそれをする限り、私達は「自分で自分に我慢を強いる」という悪循環から抜け出す事はできないのです。

(・_・;)

 

そしてその悪循環の中に生きる人間は、自分の中から泉の様に湧いて来るエネルギーを得る事ができませんから、どうしても他者からエネルギーを得ようとする疲れる「エナジー・バンパイア」になってしまうのです。

(^^;;

 

エナジー・バンパイアの方達というのは、いつも他者からエネルギー補給をしなければならない事から自分の中に欲求不満のイライラの種を持っているのです。

云わば「時限爆弾を抱えながら生きている」のと同じですので、さぞかしいつも緊張の抜けない疲れる生き方であろうと私の様な者は感じてしまうのですが、

当のご本人はそういう生き方を選んでいる=そういう自分を表現される事を選択されておられる訳なので、他者が介入できるものではないのですね。

お互い各自の自己責任なので。

《 ゚Д゚》!!

 

 

でももし「年中イライラする自分に嫌気が差す」のであれば、今回のメッセージ①~③を是非参考にされて、ご自分の思考癖から来る日頃繰り替えされるご自分の思考・行動パターンを、ちょっとご自分で観察分析されてみられる事を私はお勧め致します。

☆_(_☆_)_☆

 

そしてもし「自分の思考癖がイライラの原因になっている」という事を見破ってしまえば、何より自分自身が断然楽になりますし、

他者にイライラする自分が馬鹿らしく感じられて来るので、他者への批判・批評に明け暮れていたエネルギーを「自分自身を表現する」という事に注げる様になるのです。

それが人生でできる人間は、永遠に「イライラする自分」から解放されるのですから、やってみる価値は大いに有ります!(笑)

(*^^*) ~ ♡

 

以上、シリーズでお届けした「本当はイライラしたくないのに、年中イライラしてしまう方達」へのメッセージを終わります♫ (笑)

ご拝読、誠にありがとうございました♫♫♫

☆_(_☆_)_☆ 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年