社長・役員・取締役-コンプライアンス研修のテーマ - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師
03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2017年07月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社長・役員・取締役-コンプライアンス研修のテーマ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
日常を哲学する

会社を守る社長/役員/取締役のコンプライアンス研修、どんなテーマが?

コンプライアンスや企業倫理のコンサルティングをやっていて気づくこと。
経営陣の「意識外向き目線外向き思考外向き」です。

どういうことか・・

 ◆ どのトップも「社内でコンプライアンス違反が起こらないようにしなければ」と本気で考えています。
 ◆ どのトップも「部下がコンプライアンス違反を起こさなように」と本気で考えています。
 ◆ しかし、どのトップも「自分がコンプライアンス違反を起こしそうになったら」とは本気で考えているようには見えません。

「自分よりも、部下」 となっています。

でも、会社の屋台骨を揺るがすような違反事故は経営幹部自身が関わることで起こります。

**********************************************
(A)
 東芝の不適切会計を調べている第三者委員会は、近くまとめる調査報告書で経営陣の責任を
追及する。田中久雄社長については、インフラ部門で損失計上の先送りを実質的に指示していた
事実を把握。
パソコン事業の不適切な会計処理でも責任が大きい点を指摘する見通しだ。
期間損益が実態より押し上げられていたにもかかわらず、適切に対処してこなかった。
(2015年7月12日 日本経済新聞)

(B)
東洋ゴム工業(大阪市)の免震装置のゴムの性能を示すデータの改ざん問題で、
同社社長(当時)らが昨年5月、データ改ざんの疑いについて報告を受けていたことが
24日、弁護士による外部調査チームが公表した中間報告で明らかになった。
(中略)
時の社長を含む幹部は昨年5月に改ざんの疑いがあると報告を受けた後、
同9月に社内会議を開催。問題の製品の出荷を停止する方針をいったん決めたものの、
振動試験の実測値の解釈によっては基準に収まるとの報告が子会社から上がり、
出荷の継続を決めた
という。
(2015年4月25日 日本経済新聞)

(C)
ニチアスは法令順守を目的にした06年10月の社内調査で不正を把握。しかし川島社長
「納入先の住宅メーカーに混乱を招き、迷惑をかける。不正建材に代わる改良品ができるまでは
公表すべきでない」と判断、蔽をトップ自ら指示
した。
(2007年10月31日 日本経済新聞)

(D)
北海道苫小牧市の食肉加工販売会社「ミートホープ」による食肉偽装事件で、同社には
具体的な偽装方法がトップダウンで従業員まで伝わる明確な指示系統があることが分かった。
・・・社長の三男で専務は「会社の利益のため社長に代わって従業員に指示していた」
と話している
という。
(2007年10月25日 日本経済新聞)

(E)
オリンパスの損失隠し問題で、同社が金融商品の含み損を投資ファンドに移し替えた「飛ばし」
に関して、菊川前社長が前任の元社長から直接引き継ぎを受けていたことが分かった。
損失穴埋めに利用した企業買収を巡り、意見が対立した監査法人を自ら解任していたことも判明した。
(2011年12月13日 日本経済新聞)

(F)
大王製紙前会長の巨額借入事件で、子会社7社から約55億3千万円を無担保で借り入れ損害を
与えたとして会社法違反(特別背任)罪に問われた前会長の初公判が東京地裁であり、前会長
「間違いありません」と起訴内容を面的に認めた

・・・子会社から「資金ショートの恐れがある」と貸し付けを渋られることもあったが、返済を
約束して振り込ませ、父の高雄氏に内密にしておくよう念押ししていたという。
(2012年3月2日 日本経済新聞)

出所  
http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_consul.html
**********************************************

社長、役員、取締役のコンプライアンス研修で絶対に押さえるテーマ。
それは「自分よりも、部下」でなく、「部下よりも、自分です。

必要なのは・・
商売人としてではなく「ひとりの人間」として「きちんと自分と向き合う」こと、なのです。

(中沢努 http://www.pensee.co.jp/peculiarity/index.html 「人間としてのコンプライアンス原論」の内容をコラム用に書き換え)

コピペご遠慮下さい
    無料利用の方法
 http://profile.ne.jp/w/c-136344/ 


★コンプライアンス講演会 (日時随時追加)★
 昼休み コンプライアンス講演会 「cmp 001(シーエムピー ゼロゼロイチ)」 
 ランチの合間にふらっと気軽に立ち寄れる。
 事前申し込み不要、当日参加OK、途中入場/途中退出可、無料。
 詳細は http://profile.ne.jp/w/c-183886/


【コンプライアンス問題が起こった企業へ】
  コンプライアンスの 分かっちゃいるけどできない (-。-;)  を何とかするために

本コラム筆者の指導を受けてみませんか?
 (1)
  倫理の本質」と「人間の視点による強烈な研修
    A.強烈研修 (社長・役員・取締役 )http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_consul.html
    B.強烈研修 (管理職・リーダー) http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance.html
    C.強烈研修 (全社員 )http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_staff.html

 (2)
  コンプライアンスを守るため 必要なのは「人間性の回復」と「人間力の強化」
   ◆  プラトン、カント、ヘーゲル 「人格」 http://www.pensee.co.jp/sercive/character.html
   ◆  ソクラテス、デカルト、ベーコン 「思考」 http://www.pensee.co.jp/sercive/philosophy.html
   ◆  マルクス、フッサール、実存主義 「行動」 http://www.pensee.co.jp/sercive/action.html
   ◆  どう生き・どう死にたいか、を考える  http://www.pensee.co.jp/sercive/career.html

(3)
 コンプライアンスのための資料 (500タイトル以上)
  http://www.pensee.co.jp/archive/index.html


<本コラムをご覧の全ての企業、全ての個人の方へ-大切なお願い>
 ◆ このコラムを含め 弊社の表現物を社内で利用したい時は、ご相談をお願いします
  理由・ワケ→ http://profile.ne.jp/w/c-136344/ 


<筆者 コラム等>
 https://plus.google.com/u/0/b/116680261353078113011/116680261353078113011/posts
(Twitter) https://twitter.com/p_nakazawa

<その他>
・コンプライアンス違反の背景、違反組織の特徴、他 http://www.cmp-akademeia.jp/ 
・コンプライアンス違反者の心理、違反を招く行動例、他 http://www.cmp-akademeia.jp/2nd/index.html
・コンプライアンス強化術 http://www.cmp-akademeia.jp/3rd/index.html
・コンプライアンス違反事例 http://www.cmp-akademeia.jp/4th/index.html
・コンプライアンス理解の秘訣 http://www.cmp-akademeia.jp/5th/index.html
・コンプライアンス違反をする人ってどんな人? http://www.cmp-akademeia.jp/6th/index.html

<SNS>
 ◆ フェイスブック https://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany
 ◆ Google+  https://plus.google.com/u/0/b/116680261353078113011/116680261353078113011/posts
 ◆ LinkedIn  https://jp.linkedin.com/in/penseenakazawa


【問題発生企業専門】
   コンプライアンスの 分かっちゃいるけどできない (-。-;)  を何とかする会社
   コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
   パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ )

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「日常を哲学する」のコラム

このコラムに類似したコラム

「違反をしそうになった時」、にすべきこと 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/07/09 08:17)

コンプライアンスだけを学んでもコンプライアンスは守られない(2) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/07/03 08:00)

コンプライアンスだけを学んでもコンプライアンスは守られない(1) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/06/26 08:00)

「コンプライアンスごっこ」と「本当のコンプライアンス指導」の違い 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/06/19 00:24)

コンプライアンス講演会のお知らせ 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/06/14 03:00)