親の盲点 - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

 

アノネ、

親は子供をみているつもりだけれど、

子供はその親をみているんだな。

 

親よりもきれいな

よごれない眼でね。

 

 

 

(※「しあわせは いつも」 相田みつを 著 より)

 

 

 

 

 

 

相田みつをさんのメッセージには、いつもこの世の真実が書かれています。

そして彼の書く文字の中には、人間に対しての温かさと厳しさ、本物の慈愛と慈悲が込められています。

( ・・) ~ ♡

 

 

 

今回のメッセージは、多くの親御さんに取っては耳の痛いものかもしれませんね。

(^^;

でもその様な親御さん達も、且つては自分達も「子供」の立場であったのですから、ご自分を苛めず広い視野でご自分の事をご覧になって、今回のメッセージを読んで頂きたいなぁと私は感じます。

( ・・) ~ ☆彡

 

子供は社会や世間に洗脳されてしまった親よりも心が綺麗ですので、「親が自分から逃げずにいるかどうか?」という "生きる姿勢" というものを、実は魂では冷静に明確に感じ取っているものなのです。

そして親に対しては、「親自身の幸せの為にも、自分のエゴに気付いて欲しい」と魂で切望しているものなのです。

( ・・) ~ ☀ 

 

子供は立場上、経済的には何の力も持っていないのは当たり前なのですが、親がそれをごっちゃにして「精神が自立できていない」と思い込み、子供の人格を尊重しないのは大きな勘違いであったりするのです。

 

むしろ子供は、実は親よりも無償の愛を持っていて親に与えている場合も多いのです。

親は自分の立ち位置から「私が与えている立場」とばかり考えていて、この様な「眼には見えないものが子供から与えられている」という真実に気付かれていない方達が、この世では多過ぎるのではないでしょうか?

 

そしてこの親の大きな盲点が、教育にも大きな影を落としているのだと私は感じております。

( ・・) ~~~ ▲

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年