最良の健康法 「身体の声を聴く」 - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最良の健康法 「身体の声を聴く」

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

今回のメッセージですが…。

これは正に私が長年ダイエットや体型維持も含んだ「健康法」としているものでもあり、常々皆様にお伝えして来た事でもあります♫

本当にアシュタールと私とは相性が良いンだなぁ♫と感じます!? (笑)

(*^^*) ~ ♡

 

 

【 アシュタールのメッセージ 】

 

こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

 

 

あなたの身体は翻訳機です。

あなたのハートの声を翻訳してくれているのです。

あなたのハートが何か悲鳴を上げている時 身体はどこか不具合を起こし教えてくれます。

もちろん身体の酷使でも不具合は起きてきます。

身体がどこか不具合を起こしたときは、何か意味があるのですからしっかりと聞いて上げてください。

 

 

身体はあなたの味方です。

身体が不具合を起こしたときに 身体に向かって対立のエネルギーを出さないでください。

こんな忙しい時にどうして私の身体はこんなになるの??

ダメな身体・・などと決して思わないでください。

身体が不具合を起こしているときは、あなたのストレスが頂点に達しているということです。

だから休みなさい・・と教えてくれているのです。

 

 

マインドは、これをしなければ、あれもしなければ、

休んでなんていられない・・とあなたを焦らせたりするでしょう。

でも、身体の声に耳を傾けず マインドの声を重視して無理をしていると

もっとひどいことになってしまいます。

 

 

身体の不具合、病気の原因は、ストレスです。

ストレスを解消することなく、ずっとストレスをかけ続けていると どうなるかわかりますね。

伸びきったゴムのようになってしまいます。

薬などで不具合をごまかしながら また走り続けるなどは止めてくださいね。

再生力が落ちてしまって本当に大きな病気になってしまいます。

不具合がある時は、しっかりと休む勇気が必要です。

 

 

不具合が起きたときは、身体に聞いてください。

身体の治し方は、身体が知っています。

何が原因かも身体が知っています。

身体の声に耳を傾けていれば どうすればいいかが分かってきます。

 

 

膝の関節が痛い時に温めてみよう、とか、冷やしてみよう、とか、

何となく思う・・これが身体の声です。

一般的に冷やしたほうがいい・・と言われいても あなたが温めてみようかな・・って思うのであれば 

そちらの方があなたの身体にはいいのです。

 

 

あなた自身の直感を信じてください。

あなたの身体は、あなたが治しているのです。

誰か(薬や治療など)が、治してくれるのではありません。

不具合が起きたときは とにかくマインドを静かにさせて、身体に耳を傾けてください。

最初は上手くいかないかもしれませんが、少しずつでいいですので信じてやってみてください。

必ず身体は答えてくれます。

 

 

あなた達は なぜか身体を煩わしいものとして、めんどくさいものとして、

ひどい時には邪魔でいらないなどと思っていますが、

身体はあなたの大切なパートナーだということを思い出してください。

痛みを感じるのは 身体が悪いのではなく、大切にしていないあなたが原因なのです。

身体が意地悪をしているのではなく、悲鳴を上げているのです。

 

 

身体ともっと仲良くしてください。

年齢など関係ありません。

大切なパートナーとして、

いつも尊敬と感謝の気持を忘れなければ不具合は起きないのです。

 

 

あなたの身体を信じてください。

あなたの身体を大切にしてください。

身体があるから あなたはこの物質次元を楽しむことが出来るのです。

物質次元を楽しみたいと思って あなた自身が望んで身体に入っているのです。

 

 

身体は あなたのパートナーであり、ハートの翻訳機です。

しっかりと身体の声に耳を傾けてください。

もっともっとお話ししたいことがあるのですが、また長くなってしまいますので・・(笑)

 

 

あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

 

 

 

 

 

美味しいものと健康に良いものは、違う場合がありますね。

皆様の食生活では、どちらに重きを置いていらっしゃいますか?

(^^✿

 

 

 

「食」は人生を楽しむ為の一つでもありますが、

 

"グルメ" と称し、食べ物になってくれるものに対して感謝がなく、

食べる事と活動のバランスが釣り合わないで、ガツガツした欲で食べる事が積み重なると、

私達は身体に不具合が起きて来るのだと思います。

(^^;

 

又、その食べ物へ対する "行き過ぎた欲や贅沢" というのは、実はストレスから生まれ来るのですね。

(・。・;

 

そしてこれは昔からの私の眼ですが…。

身体の痛みを抱える人や病気になる方達を観ていると、自分の中に「自己否定」や「罪悪感」を抱えている事を、自分で気付いていない事から現れた症状だと思える事が多いです。

(・・;)

 

つまり「自分を大事にしていない」という事を、身体が痛みというメッセージで教えてくれているのですね。

でもその様な方達は、今回アシュタールがメッセージで伝えてくれている様な発想が無い方が多いのです。

 

ですので医者や薬に頼って外から自分を治そうと試みますが、それは自分の体が本来持っている治癒力を弱めてしまうだけなので、真の健康法には成りません。

 

その様な対処は、自分を医者や薬や治療に依存させる様になるだけで、本来自分の中に在る「自力で治す」という力を削いで行く事になってしまう悪循環にハマるのです。

 

薬というのは体に取っては異物・毒物でもある訳ですからね。

(勿論、応急処置で必要な時もありますが)

(-_-;)

 

ちなみに私は何十年も薬というものを必要とした事はありませんし、サプリメントや滋養強壮剤やドリンクなどを摂取する必要もありません。

それは長年「自分で体に良いと感じる食材を選び、自分の口にするものは自炊する」という食生活から得られた健康だと自分では思います♫

 

この様に「医食同源」を基本にしていると、医療費や薬やサプリメント、そしてフィットネスやダイエットの為のジム通いなどにお金を掛けなくて良い生活ができるので、結果的にエコな暮らしができる訳ですし、

何より健康的なそういう生活をする自分が、私に取ってはとても楽しい訳ですね♫

(^^♫♫♫

 

特に私の場合は長年バレエというものをして来たお陰で(今は自分の身体がしたいとは思わないので全くバレエのレッスンはしなくなりましたが)、

自分が必要と感じた時には、どの様なストレッチや運動をすれば身体が綺麗なラインになり活性化するのかというのが自分で分かる事が強みでしょうか♫

(^^✿✿✿

 

長年の訓練で培った身体の感覚から伝わって来るものを敏感に察知できますから、風邪を引きそうな時などその前兆というものを感じる事もできるので、

そういう時はちょちょっと食べ物や食べ方に気を付けるなどして「病気を未然に防ぐ」という事も可能なのですね。

(^^♪

 

これは先日のコラム「自分で作り出したものは、自分で変えられる(肉体&病気)」の中でもお伝えした事でもありますが、知識で考える「これをせねばならない」という強迫観念からのダイエットや健康法は、お陰様で私には必要無いという事です。

 

つまり私のスタイルは、常にその時の自分に必要なものが自分の中から分かるので、知識に囚われ頭で考えた「これをせねば」ではなく、自然発生的に生じる欲求である「これをしたくなる」という完全自立型なのです。

(^^✿

 

この "自分の身体に耳を傾ける" というシンプルで間違いの無いスタイルは、自分にストレスの掛からない何ものからも自由な「マイスタイル健康法」なのであります♫

 

ちなみにこれは、私が長年身体を訓練した事から得られた「身体というものが持つ知性」を体感できる体質だからという事があるかもしれません。

 

それは体幹(インナーマッスル)から身体を動かす術を知っているという事が強みだという事です。

つまりどんな動作も「身体の中心(丹田)から動く」という事が身に付いているからなのだと自分では感じております。

☆_(_☆_)_☆

 

これを身に付けた人は自分の体に敏感になりますし、身体の動きが合理的になってしまうので、自然に太りづらい体質を作るのではないかと私は感じております。

(勿論それだけではなく、健康的な食生活との併用がありますが) 

(*^^*) ~ ♫

 

ちなみにこの様な自立スタイルが、私は一番楽なダイエット法及び健康法だと思いますので、

皆様も是非体幹を鍛えられて身体の感覚を磨き、「ご自分の身体の声を聴くマイスタイル」というのを見つけて行って下さいね♫

(*^^*) ~ ♡ ♡ ♡

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年