職務経歴書には人の人格が見える - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

竹間 克比佐
東京都
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

職務経歴書には人の人格が見える

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
適職支援 転職カウンセリング
転職のコンサルティングをさせて頂く時に、大体所要時間として1時間半〜長い方で2時間はさせて頂いています。その背景には、その方の大事な人生を「お預かり」する大役を課せられていると言う責任があるからです。人材紹介企業は、日本に何千社と有るのだとかと言われています。大手さんは、沢山の御登録者と求人企業様があるのだと思います。

私のやりたい事は、ファッション業界で生きる「スぺシャリスト」にもっと自分の人生に誇りを持って転職できる環境を作る事です。それも、このようなファッション業界の人材紹介会社として企業化からも候補者からも信頼を得れるような「コンサルタント」になりたいと思っています。それは、最終的に入社できた方々が、本当にやりがいを持って働けて、そぼ企業を大きくする為に育成を竹間節
で聞かせてほしいと言って貰いたいがためかも知れません。採用と教育は一貫性のある企業の要なように感じるからです。

そんな企業に入社する為に、履歴書や職務経歴書があるのではないでしょうか?履歴書は基本が決まっているが為に大きくは変わりません。しかし、職務経歴書は、本当に人によってかなりの開きがあります。ポイントをしっかりと見据えて「やれる事」「実績」「結果」「職責」などを明解な注釈のもと書いていらっしゃる方もおいでです。短期で退職をされた方などは、退職事情を企業側に分かってもらうために素直に詳細を書かれている方もおいでです。
職務経歴なのですから、職務事情を書く為のものではないのです。あくまでも、受験する企業に対する''成績簿''のような物です。成績は、企業側としても優秀な人が欲しいに決まっています。また、すぐに''戦力''になる人が欲しいのです。戦力ですから、パソコンのスキル、その専門分野の中で他の人より秀でるところのアピール、その職務に対する自己ポリシーがきちんと謳われているかではないでしょうか?それを読みやすく的確に纏めるポイントが    ''職務要約 ''   ''自己PR''  ではないかと思います。

海外では、必ず他の企業に転職する際に、次の企業の社長や人事の責任者に「紹介状」のようなリコメンデンテーションシートを出します。しかし、日本の場合は転職事由が大半自己都合とされてしまいポジティブブにステップアップ、キャリアアップに見えないところがある事が多いです。なのでこそ自分でアピールする事が肝心になって来るのではないでしょうか?

私ども企業では、求職者を企業に紹介する際に、できるだけその候補者の人間性を纏めて推薦し、もう片方で「何の専門家」なのか「どのような力を持っているのか」等を必ず添えるようにしています。また、職務経歴書に付随するシートも候補者の方と相談して作成したりもします。
即ち、職務経歴書は
                人格

を示す書類であると考えています。是非、弊社にご登録される方は、職務経歴書を先ずは見せて下さい。そこから貴方の人格形成の手段にして行きますからね!!!