感情はもっと楽に自然にコントロールできる - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

エナジー・コーチ エナジー・コーチ
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

感情はもっと楽に自然にコントロールできる

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
セルフ・ヘルプ 自分を認める (Self Acceptance)
自分の感情のアップダウンに疲れることってないですか?

びっくりしたり、振り回されたり、傷ついたり、悲しんだり、
たいていは最初のリアクションで、アップダウンして忙しく
疲れるものです。

女性はとくに、理性ではわかっていても、自分の感情を
なかなか無視できない質を持っています。

日本ではとくに、感情をあらわにするのが少々おとなげない
というように受け取るところもあり、時には批判の的に
なることもありますね。

感情をむき出しにするしないは別として、私は感情を持つことは
むしろ健康的だし、良いことだと考えます。その事実は
認めてもいいのではないでしょうか。

怒りやフラストレーションも感情ですが、嬉しい、ハッピー!
と思うのも、愛も感情。感情がなかったら、人生も社会も
ずいぶん無機質なところになってしまいます。

ただ、自分の感情のアップダウンで自分が疲れたり、
物事の判断や選択能力を鈍らせたり、見えるものを
見えなくしてしまったりする場合もあります。

なので、感情に流されてしまう自分ではなく、普段の
精神状態に余裕を持たせて、自分の感情は認め、受け止めて、
少し客観的に見られるようになるといいですね。

余裕があれば、自分で様子を見つつ爆発させられるし
落ち込む感情なども、プチ落ち込み時間を作る、なんて
こともできます。

感情のコントロールとは、自分の思いのままに感情を操る、
というところですが、感情とは、ときに自分の思いとおりに
なりません。

とくにネガティブな感情については、コントロールしようと
思えば思うほどできないときもあります。それはやはり、
逆に感情を押さえ込むのが、不自然で不健康だから。

抑えられたマイナス感情はいつどこでまだムクムクと
わきあがるかわからないし、押さえつけられたものは内側に向き、
変な犠牲者意識が生まれたり、心のバランスや体調を崩したり、
します。

なら、無理に感情そのものをコントロールするよりも
感情を持っている自分を見つめられる、受け入れられるように
なればいいのです。

そうして認めて受け入れることが、世に言う感情の
コントロールにつながります。

大事なのは、自分が今持っている感情を否定しないこと。

どんな感情にしても、そこにある、と認めてみましょう。

感情を持っているのなら、そこに理由があるはずです。
その理由も考えてみて。悲しいなら、なぜ悲しいのでしょう。

また、その感情にはまた何か目的もあるはず。

たとえば、自分が今怒ってる!としたら、本当は
何がどうなっていて欲しかったのでしょう。



そうやって自分の感情を見つめるクセをつけてみると
自分のパターンも見えてきます。パターンが見えてきたら
次のステップやオプションを考える余裕もまた出てきます。

無理にコントロールしようとしない。
流されそうになったら、ちょっとだけでいいから
踏みとどまってみる。

そして、その感情を素直に認めてみましょう。

どんな感情にも理由があるはず。感情は人間にとって
欠かせないものだから、この感情も持ってもいいんだ、
と思ってください。

それが、時間はかかってもコントロールに
つながっていきます。


このコラムはこちらでもご覧いただけます。
→ http://blog.livedoor.jp/mikiogura/archives/51465460.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(パーソナルコーチ)
エナジー・コーチ エナジー・コーチ

もっと元気にハッピーになりたい女性たちをパワフルにサポート!

もっと自信を持ってバランス良く、元気にハッピーになりたい方(主に20~40代の女性)に向け、コーチングやセミナー、講演を実施しています。人生の幸せ、ビジネスの成功や自己実現のために、枠に捕われない考え方を提供し、内面から強くサポートします。

カテゴリ 「セルフ・ヘルプ」のコラム

これまで来た道(2009/07/23 18:07)

知らないことは恥じゃない(2009/02/03 14:02)