今の家賃とお比べください!チラシ - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

くらしとお金のFP相談センター 代表
宮城県
ファイナンシャルプランナー
022-291-7097
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今の家賃とお比べください!チラシ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約
マイホーム購入 中古マンション購入

これから人口減と住宅供給過多によって、不動産の格差(良いものそれなりの価格を維持できるが、悪いものは一気に値下がり)が拡大していくと予測されます。

そんな中、我が家に入ってきた中古マンションのチラシ。

『今の家賃とお比べください!』
毎月返済額61,163円!!

この地域の家賃相場であれば震災前であれば月8万円弱くらいでした。


それよりも一見安い!!と見えますが、これは2000万円の住宅ローンを30年間0.65%の変動金利で借りた場合。

変動金利ですから金利が上昇すれば当然返済額も増えます。

さらに、『いまの家賃とお比べください!』
ということであれば、賃貸では払う必要の無い管理費・修繕積立金・固定資産税も含めないと家賃との比較にはならないと思いますが。

※不動産業界ではどうか・・・・。

チラシはとにかく見た目安くするのが当たり前のテクニックということも業界の常識ではあるかもしれませんが。

小さな文字で管理費・修繕積立金だけで月31000円強でした。

固定資産税分もあわせれば月4万円以上は確実です。※今後上昇する可能性も高いです。

合計すれば月10万円以上。これと家賃を「お比べ」すべきだと思います。

※住宅ローン減税を受けられればメリットはあるかもしれませんが、チラシには購入時の諸費用が入っていないのでそちらでプラマイゼロと仮定しました。 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(宮城県 / ファイナンシャルプランナー)
くらしとお金のFP相談センター 代表

子育てママパパ1000世帯以上の相談実績!実務経験豊富な独立系FP

「困ったときは西村さん!」と相談者はもちろんその子どもさんからも電話がかかってくる家庭のかかりつけ医のようなファイナンシャルプランナーです。就職・結婚・出産・生命保険加入見直し・転職独立・マイホーム購入と人生の大きな選択に適切なアドバイス!

022-291-7097
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

諸費用280万円を約50万円にするテクニック 田中 勲 - 住宅Gメン(2015/04/18 17:50)

中古マンション購入時の注意点 田中 勲 - 住宅Gメン(2015/04/18 17:45)

海外赴任中に日本で所有している不動産を売却する 中石 輝 - 不動産業(2015/02/06 18:36)

荒廃した建物がある場合、土地の固定資産税1/6の軽減措置撤廃!? 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2014/08/02 19:00)

不動産売買の仲介手数料が保証料化してきている現状 中石 輝 - 不動産業(2014/04/02 12:52)