パワーポイントで動画を埋め込む時の注意点! - プレゼンテーションスキル - 専門家プロファイル

山田 進一
株式会社オリファイ 代表取締役社長
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

北島侑果
北島侑果
(司会者)
宮本 ゆかり
(ビジネススキル講師)

閲覧数順 2017年05月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

パワーポイントで動画を埋め込む時の注意点!

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. プレゼンテーションスキル
パワーポイント

パワーポイントでプレゼン資料を作成する時に
動画を埋め込みたい、ということがあろうかと思います。

特に大勢の観客に対してプレゼンを行う
セミナーや講演といった場合は
迫力を出すためにも、よく使われます。

しかし、パワーポイントで動画を埋め込む際に
多くの人が忘れてしまいがちがことがあります。


それは

■パソコンの音声出力を会場のスピーカーと接続する

ことです。

というのも、パワーポイントに埋め込もうとする
動画が音声無しの場合はまったく問題ないのですが
音声有りの場合、注意が必要となります。

画面は、パソコンをプロジェクターにつなげ、
大きな画面でプレゼンしているとします。

そんな時、大きな会場であれば、
当然マイクを利用しながら、話しているはずです。

そして、パワーポイントで埋め込んだ動画を再生すると、
大きな会場には不釣り合いな小さな音が
パソコンからしか出ない!

何十人と座っている人に聞かせるには、
会場のスピーカーから流れて欲しいのに
何でパソコンからしか音が出ないのか?

こんなことがおこったら、プレゼン中に焦りますよね。

しかし、考えてみれば当たり前です。

パソコンとプロジェクターをつないでいますが、
パソコンとスピーカーはつないでいないのですから。

アナタも大きな会場で音声付きの動画を
パワーポイントに埋め込んでプレゼンする際には
確実にパソコンと会場のスピーカーをつないでくださいね。


引用元

パワーポイントで動画を埋め込む時の注意点!