Tea time コラム(私の好きなメッセージ)㉔ - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Tea time コラム(私の好きなメッセージ)㉔

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

(このメッセージを、先日亡くなった私の兄に捧げます)

 

 

 

「死を前にした『受容』」

 

 

 

数多くの人々の死を看取り、

その記録、「死ぬ瞬間」という書によって、

終末医療の思想に深い影響を与えた精神科医、

エリザベス・キューブラー・ロス。

 

彼女は、2004年8月24日、

その78歳の生涯を閉じました。

 

 

引退後、脳卒中で倒れた彼女は、

その人生の最後の9年間、

不自由な体で病床に伏せる生活を余儀なくされます。

 

 

テレビのドキュメンタリーが伝える

その晩年の彼女の姿。

 

それは、意外にも、

自分の病気や境遇を嘆き、

自分を愛することのできない自分を語り、

感情の起伏に身を委ねて周囲に接する姿であり、

彼女に聖女や聖人の姿を重ねる人々にとっては、

その期待を裏切るものでした。

 

 

しかし、

彼女が、その著書で語った通り、

病で死に向かう人々の誰もがたどる

否認、憤怒、取引、抑鬱、受容という5つの段階を、

彼女自身も歩んだことに、

我々は、むしろ、

不思議な安堵を覚えます。

 

 

そして、その安堵とともに、

自分の「死」を受け入れる、という意味で語られた

「受容」という意味の

本当の意味に気がつきます。

 

 

 

自分の「弱さ」を受け入れる。

 

 

 

それは、彼女が最後に残した言葉が、

意味するものだったのでしょう。

 

 

私は、いま、

自分を愛することを

学んでいる。

 

 

 

 

(※「自分であり続けるために」 田坂広志 著 より)

 

 

 

 

 

 

兄は今、この世で生きるという苦しみから解放され、

この空の様に自由でしょうか…?

 

 

 

生まれたものは必ず「死」を迎える事。

そして私達が「死」と捉えるものは、単にこの「肉体」の死である事。

「魂」は学びと共に、永遠に続いて行く事。

 

 

そういう事が深く理解できていても、

 

 

やはり兄という存在が、今はもうこの世にいないという事は、

心のどこかにポッカリと穴の空いた様な、そんな思いに妹はさせられます。

 

 

それは訃報を受け取った瞬間よりも、日が経つ毎にじわじわとした実感として、

私の心に「寂しさ」として押し寄せて参ります。

 

 

でも、死んでからも私達人間の魂の旅は続くので、

兄がこの次生まれ変わった時には、今回生きて学んだ数々の事が、彼に生かされて行くのでしょう。

 

 

さようなら。

お兄ちゃん。

 

そして、今までありがとう。 

 

 

重い肉体から解放された今、

心安らかに、魂の旅をお続け下さい。

 

 

 

妹より。

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年