場合によっては、要件定義をやり直す - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

場合によっては、要件定義をやり直す

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
中小企業のIT化 こうやって進めよう
提案内容を評価する中で、全ての業者の提案が、想像以上の大きな金額になっていたり、様々な問題が明らかになるということは、決して少なくありません。

また、要件定義だけでは、見積もり内容に幅が発生するということもあり得ます。
具体的に言えば、画面数や帳票数が想像できない場合などは、システム開発に必用なコストが大きくぶれてしまうのです。

そうした場合、要件をもう一度見直し、システム化範囲を狭くすることで、コストダウンを図ったり、システムの画面の内容を決めてしまうことで、帳票数や画面数を明確にし、より細かな見積もりを可能とする様にすることができます。

場合によっては、要件定義そのものを見直し、修正をかけ、その後、再度見積もり依頼を出すということもありなのです。

いずれにしても、この段階で明確になっていなければ、後々、非常に苦しむことになったり、プロジェクトの推進に問題が発生しがちになります。

徹底的にこだわって作り込むべき部分であるとお考えください。


集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一