Tea time コラム(私の好きなメッセージ)⑲ - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Tea time コラム(私の好きなメッセージ)⑲

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

 

 

「相性の意味」

 

 

1995年の映画「デットマン・ウォーキング」で

アカデミー賞・監督賞にノミネートされ、

2003年の映画「ミスティック・リバー」で

助演男優賞を受賞した、ティム・ロビンス。

 

 

映画監督でもあり、俳優でもある彼が、

あるインタビューで

語った言葉が

心に残っています。

 

 

 共演者との「相性」とは何でしょうか。

 

 

この問いに対して、ロビンスの答えは、

彼らしい深みを感じさせるものでした。

 

 

 共演者との「相性」とは、

 共演者に対する「寛容さ」のことです。

 

 

このロビンスの答えを味わうとき、

我々が人間関係において

安易に使ってしまう言葉が、

我々の成長を止めてしまう言葉であることに

気がつきます。

 

 

相性が悪い。

 

 

我々が、相手との相性が悪いと感じるとき、

それは、相手に対して

寛容になれないときなのでしょう。

 

 

そしてその理由を深く考えるとき、

我々は、しばしば、

一つの真実に気がつきます。

 

 

自分に似ている。

 

 

相手の姿に、

自分の抱く欠点を見るとき、

我々は、寛容さを失うのです。

 

 

 

 

( ※「自分であり続けるために」 田坂広志 著 より)

 

 

 

 

 

 

夕日の向こうに映るのは、もう一つの太陽?

これは、写真ならではの面白い世界ですね♫

(^^♪

 

 

 

この世で出会う全てのものは、自分に取っての偉大な教師です。☆彡

 

その中には、見習うべきお手本となる「教師」もいれば、

「反面教師」として、憎まれ役の役割りを担ってくれている存在もおりますね?

_(_^_)_

 

未熟な私達に、色々大事なものを気付かせてくれるのが、自分以外の「相手の存在」であり、

私達が、自分の姿を自分で観る事ができる唯一のものが、この他人というものを通した「鏡」なのですね。

《゚Д゚》☆彡

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年