人生の「制約」の中で、どれだけ自分を自由にできるか?というのが智慧 - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人生の「制約」の中で、どれだけ自分を自由にできるか?というのが智慧

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

この世は二元的な構造で成り立っている様に見える世界なので、

私達は何をするのでも「矛盾」というものにぶつかり、人生で自分の "純粋性" を貫く事が、とても困難な世界に生きています。

(^^;

 

「自分のしたい事」と、自分や家族が「食べる為」に仕事をする中で、必ず色々出て来る人生の矛盾。

そこから生まれる自分のジレンマと、戦いながら生きて行かねばならない方が、この世は殆どなのではないでしょうか?

( ; _ ; )

 

社会や世間というものが「集団意識」というもので、ガッチリとスクラムを組んでいるこの世の中では、特に「長いものには巻かれろ」が苦手な方には、この世は大変生き辛い世の中の構造になっているのです。

いや、実際は「長いものに巻かれている人達」の中にも、生き辛さや息苦しさを抱えている方も多いはずです。

( ; _ ; )

 

そういう世の中の事実を、知っているのと知らないのとでは、どちらが良いのでしょう???

 

私は「知らない=無知」でいるよりも、「知って、それに拘らない」という生き方の方が、賢く知性的な大人の生き方なのではないかと思うのです。

☆_(_☆_)_☆

 

 

仏教でも、人間の三大煩悩として「怒り」「欲」「無知 (無明)」が挙げられておりますが、

その中で、「無知は恥である」とされます。

 

この中で「無知」というものが、一番質が宜しくないと言われております所以は、

 「怒り」や「欲」は、自覚し易いものですが、「無知」は自覚しづらいだけに、克服が難しいという事からなのです。

(; ̄O ̄)

 

これは、習い事でも同じだなぁと思いますが、

自分の癖を "意識" できれば直す事もできますが、自覚が無ければ、それを直す事はできないというのと同じですね。

《゚Д゚》!!

 

 

では、果たしてこの「矛盾だらけの世の中」という事に目覚めた時、私達はどの様に生きれば良いのでしょうか?

その様なコンディションの中では、私達には全く「自由が無い」様にも見えてしまいます。

( ; _ ; )

 

 

そこで必要になってくるのが「生きる智慧」になって来るのです。

《゚Д゚》☆彡

「どうやってその制約の中で、自分を自由にできるか?」という智慧ですね。

《゚Д゚》☆彡☆彡☆彡

 

 

自分を自由にするには、まず自分の「捉え方を変える」という知恵が必要です。

つまり「発想の転換」という、賢い叡智を持つ事です。

☆_(_☆_)_☆

 

これを持つだけで「状況は変わらないのに、気持ちが楽になる」という事も起きますし、場合によっては、そこから「状況を変化させる」という事も起きて来るのです。☆彡

 

その知恵を発達させるには、物事の道理や真理などを勉強していなくては、本物の賢いアイディアは生まれません。

もし、アイディアが「一時しのぎ」の様なものでは、単なる逃げによる誤魔化しというだけで、それは本物の「知恵」ではなく、逆に苦しみを長引かせたりする分だけ、増したりしますから、

 

 

つまり、やっぱり賢い答えを出す為には「無知」ではいけない訳ですね。(笑)

(^^;

 

 

そして「自分の人生の答えは、自分で出す」という「自己責任」の伴う勇気も必要ですし、考えるのも行動するのも「自分自身」でなくてはなりません。

 

多くの方達は、これを恐れて「自分で、自分の自由を妨げている」のですが、それを本人に気付かせないものも、やはり「無知」なのです。

(^^;;

 

では、その「無知」を打破する為に、何が必要かと言いますと、

 

それは、日頃自分が「当たり前」と感じている事や「そういうもの」と思っているものに、ヒントが隠れています。

《゚Д゚》!?

 

この、何の疑いも無く「当たり前」と感じているもの、信じているものを、今一度「本当にそうなのか?」と、自分の思考で改めて考え直してみる事。

《゚Д゚》☆彡

 

 

もしご自分の環境を、本気で変えたいと思うのであれば、

まずこういう自分の足元=ご自分の思考を「疑ってみる」事で、自分の「無知」を打破できる可能性は大いにあります。

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

この写真。

自分の「無知」で、真実が覆い隠されている「この世」を連想させませんか~!?(笑)

(^^♪

 

 

 

 

 

この世は、まるで「謎解きゲーム」の様だと、良く言われます。

ちなみに、「あの世」から「この世」を観ると、「この世は、あべこべなのだ」という事らしいですが、果たして!?

(^^;???

 

 

 

「それは、死んだら解る!」 by 神様!? (笑)

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年